FC2ブログ

珠海ネタ 梅渓牌坊のこと その2 

お陰様で、どうにか熱も下がり小康状態になりました。
朝は38℃まで高熱になり、「私もばばーだな( ▽|||)」と思っていました。
昼から回復に向かい「なんや、まだいけるわ~(^▽^)回復早いじゃん!」
勝手に1人突っ込みしておりました。
明日からは、元気に出勤出来そうです。(o≧▽゚)oニパッ

さて、昨日の続きなんですが、
答えは、しまうま君o(*'▽'*)/☆でした。
もう1頭普通の馬もいましたが、なかなかしまうま君に騎乗出来るのは
珍しいですよね!(*≧m≦)ぷっ・・・

今回初めて乗馬をしたんですが、変に緊張して楽しむ前に散歩が終わってしまいました。
一応10元のコースで一番短い散歩コースにしたのですが、梅渓牌坊内を
大きく周る80元コースもあるらしいです。

くるっと一周りすると元の位置にしまうま君が戻るんですが、彼らは
元の位置が暑いことを知っているため、近くの木の陰へ行こうとします。

私はそのしまうま君の心情を察することが出来ず、元の位置に手綱で
誘導してしまって、後で飼育係のおにーさんにその事を聞いてちょびっと
反省......( _ _)σ|イジイジしちゃいました。



さて、この『梅渓牌坊』は清の時代の末期にハワイで中国最初の領事に
なったその時代一番の大金持ちの華僑陳芳氏の昔の家やお庭、家族のお墓を
広東省が重要な歴史文献として保護している建物です。

まずは、ここρ( ̄∇ ̄o)梅渓牌坊
梅渓牌坊1



現状では3座しか残っていません。

それをミニチュアで再現し、展示しているのが
ここです。ρ( ̄∇ ̄o)左手の建物内です。
梅渓牌坊2



そのお隣も『中国牌横額』が展示されています。
ここです。ρ( ̄∇ ̄o)
梅渓牌坊3



中の様子は是非珠海にお越しになった際に、ご自身でお確かめ下さい。

...((((o* ̄-)o続いて陳さんのお家へ

入口の様子。ρ( ̄∇ ̄o)
梅渓牌坊4



中には色々な調度品もあり、昔では珍しかったであろうステンドグラスを
配したガラス扉や、彫りの凝った鴨居などがありました。
家屋内の風景1ρ( ̄∇ ̄o)
梅渓牌坊7



家屋内の風景2ρ( ̄∇ ̄o)
梅渓牌坊8


家屋が連なっている間には木が植えてあったり、ちょっとしたお庭に
なっていたんですが、その中で今回私が初めて見てびっくりした木がこの木でした。
これρ( ̄∇ ̄o)
梅渓牌坊5

 多分実の様子からドリアンの木だと

 思うんですよね。(≧∇≦)キャー♪

 初めて成っている様子を見て

 「へぇ~(゚▽゚)こんな風に出来るんだ」

 と興味津々でした。

 でも、

 よくよく見ると木の下に説明があって・・・





これρ( ̄▽ ̄∥)
梅渓牌坊6

 菠夢(ぽーるお)=パインアップル

 って書いてあるし・・・Σ( ̄◇ ̄;)ガーン


 ちなみにドリアンは中国語では

 榴蓮果(りゅーれんぐぉ)なんですよね。

 でも、パインの木はあんなじゃないハズだし

 o(*≧д≦)o″))分かんねーー!





疑問の残る説明書きでした┐( ̄ヘ ̄)┌ フ~


最後に建物の2階からの風景ρ( ̄∇ ̄o)
梅渓牌坊9



建物内には沢山の土産物屋も出店してしており、次回にはその様子を
お伝えしようと思います。


では、次回に続くヾ( ̄◇ ̄)ノ))バイバイ

ランキング参加中!
たまにはこんなノスタルジックな雰囲気もいいねぇ~と、思って頂いた方、クリックお願いします。
スポンサーサイト