スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショックな出来事(*p_q)え~ん 

ようやく快晴の珠海でした。久しぶりの青い空♪
最高気温33℃( ̄▽ ̄ll)ノあづ~

今日は取引先の会議&宴会でお隣の中山市に行っておりました。
ほんとは、違う記事を記載しようと思っていたんですが、あまりにも
ショックな出来事があって・・・・( ▽|||)

お客様の宴会だったんで、大声で文句をゆうことも出来なかったん
ですが、実は開催された広東料理のお店の従業員のことなんです。

宴会が始まろうとしている中、乾杯用の赤ワイン
が各テーブルに配られていました。

私がいたテーブルにも当然回って来た時に、悲劇は起きました。

「あいやー」の声と同時に自分の右側が冷たく感じました。
よりにも赤ワインをトレイ上で倒し、私の右側半身にだばだばと
こぼしたんです。((((_ _|||))))ドヨーン

お陰で、右半身が真っ赤に染まり、服務員は
「対不起(どぃぷちー)=ごめんなさい<(_ _;)>」
と謝ってはいましたが、どうすることも出来ませんでした。

赤ワインで染まったワンピースと防寒用の薄手のカーディガンを
黒服の服務員が拭こうとしますが、シミが広がるのを畏れて断りました。
替わりに染み抜き用に「白ワインはないですか?」と聞いたところ、
「探してきます≡ヘ(*--)ノダッシュ」と言った割には、
「ありませんでした」と簡単に引き下がりました。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

いくつかの濡れタオルと乾いた不織布をもらいましたが、落ちる訳
ありません。

結局、客先主催とゆうこともあり、その数時間は我慢して過ごしました。
しかし、会社のローカルに
「普通だったら弁償すんじゃないの?ヽ(`O´*)」と聞いたところ、
「ただ謝るだけで弁償はしない」とのことでした。Σ(-_-+)ピキッ

自宅に戻り、白ワインで今染み抜きしていますが、時間が経ちすぎて
いるので、ちゃんと落ちるかは微妙なところです。Σ(- -ノ)ノ エェ!?

中国のレストランでは、お客さまにぶっかけをしても、弁償しない(T◇T)
とゆうことがよく勉強になった1日でした。

日本は過剰サービスとは言われていますが、店側が悪い時には相応の
弁償は会社でしてくれるはずです。

ただ、もし弁償する交渉が出来ても、ぶっかけした本人の半年分の
給料(多分、この位の給料分に相当する服なので)を本人が負担することも
よく分かっていたので、感情にまかせて怒ることも出来ませんでした。

楽しみにしていたポルトガルワインを1本ダメにして、もし染み抜きが
出来なかったら・・・

ショックで立ち直れません(*p_q)

ランキング参加中!
なんてかわいそうな!!!と同情してくれた優しい方、クリックお願いします。

コメント

オオ可哀相!

阿苺、晩上好!

エライ目にあいましたネ。
阿苺とっても可哀相。何とか気を取り直してください。
我も情侶南呂の海岸沿い海鮮店でお酒をかけられた事件があってHPに少々書きましたが、中国の服務員は黙ってお客に近づいてきて、いきなり飲み物の手を出すのでお客の動きと交差してザンブリ事故をやっちゃうのですネ。
日本だったら『失礼します』と一声かけてから来るんだけどネ。
結局お酒のお盆が近づいたら目を離さない自衛策しかないでしょう。ヤレヤレ。

あらら・・・

慰めにはならないのですが、以前の会社の食事会で酔っ払った部下が私の頭からワインをドボドボ・・・一本丸ごと(爆)

Yシャツとスボンがパーになってしまったのですが、さらに翌日当の彼は記憶にない!と言い切るありさまでして(笑)

やっぱり中国でパーティー絡みの日は『汚れてもいい』服装でないとダメですね・・・

ありゃりゃ・・・・クリックしますので負けないで下さい♪

赤ワインには白ワインで叩くと良く聞きますが、
二つが足されたらロゼになっちゃうじゃな~い♪
と思わなくもないです。
(・・・・ベタな話ですいません・・・・)

その後、無事に染み取りはできましたか?

がんばってー!

こんにちは。
すごいショックな事件ですね。
私もワイン好きでよくやりました。
塩で抜くとかいろいろありますが、完全にはとれないですよね。
それっぽいのを検索しました。ご参考に。↓

http://www.hpmix.com/home/showadry/F33.htm

見れなかったらすみません...

白ワインはもったいないよー

白ワインで赤ワインの染み抜きなんてそれほど効果無いようですよ。

航空会社のマニュアルにもあるようですが、赤ワインの応急染み抜きには炭酸水(無糖が無ければ透明なスプライトやトニックウオーター等)の方が効果が高いようです。(これで赤味は消えますがくすんだような染みが残ります)

本格的な染み抜きはpelipeli さんが紹介されたような作業が必要ですが、元の白さを取り戻すのはかなり難しいようです。

大切な服でどうしても復活させたい場合は炭酸水で応急染み抜きをして、日本の大手クリーニング店(白洋社等)で染み抜きをお願いするのが良いでしょう。

リーベンレンさま

気がついた時は右半身が真っ赤になっていましたから(涙)
1つの円卓に10人位の席と席の間からむりやり赤ワインを置こうとするからこんなことになるんですよね。
今後は周りの状況を見て、お酒のトレイを持った小姐が近づいて来たら、逃げます!(笑)

ぱーたいさま

>酔っ払った部下が私の頭からワインをドボドボ・・・
うっ!それもイヤな状況ですね。
酔っぱらいには勝てませんからね。

中国の宴会は確かに汚れてもいい服装の方がいいのは分かるんですが、お客様の宴会ではそれも出来ず・・・

慎さま

お陰さまで染み抜き成功しました。

でも、pelipeliさまやtaboさまからのコメントでは白ワインではあまり効果が無いみたいですね。

今回無事成功したのは、日頃の行いが良かったno・・(。_+)☆\(-.-メ)モシモシ

pelipeliさま

わざわざURLまでありがとうございました。
今回は白ワインでなんとか効果が出たので良かったです。
次回の(あったらイヤだけど)赤ワイン染み抜きには参考にさせて頂きます。

taboさま

うにゃ~。これを昨日知っていれば会場にスプライトがあったのに・・・(涙)

今回は何とか白ワインで効果を発揮してくれたのは、運が良かったんですね。

アドバイスありがとうございました。
今後、中国の宴席に出席して赤ワインで汚してしまってもスプライトが確実にレストランにはあるので、すぐ染み抜き出来ます♪(^O^)らっき~

シミ取りのいいお勉強になりました。
無事シミ取りできて良かったですね。
しかし、日本なら賠償もんでも、こちらでは「あっごめん」で終わりみたいな事多いですね。
ストレスたまります。

miruruさま

>シミ取りのいいお勉強になりました。
ええ。私もです♪

昨日頑張って夜中に洗濯機回して、朝手もみ洗いした甲斐がありました♪お陰で睡眠不足でしたが・・・

自分の失敗を認めないんですよねぇ。迷惑かけたんだから、「せめて白ワインくらい自腹で買ってこ~い!!」と言いたかったのに、こんな時にうちの会社のローカルは「仕方ない」って諦めるんですよヽ(`⌒´)ノむっき~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zhmeimei.blog31.fc2.com/tb.php/194-75d3aaf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。