スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の祝日のこと 

天気が不安定な毎日ですね。
昨日もお仕事終了する10分前から急に暗くなり、雷を伴った雨が
降り出してきました。

「きゃ~雷! 恐い~ε=ε=ε=ε=ε=(*≧д≦)」
と、可愛らしく怖がる時期(?_?)ん?なんてとうに過ぎていますので、
そのまま!普通に!帰宅しましたが。<( ̄^ ̄)>えっへん!!

あっ、でも寝ている時は、雷鳴の音の大きさで起きちゃうことが多いですね。
 ↑
実は、繊細なんでs・・(。_゚)☆O=(--#)q パーンチ



さて、今年の「中秋節」=いわゆるお月見ですね。
は、10月6日になります。旧暦8月15日で行われるので、毎年日にちが
変わってしまいややこしいですσ( ̄^ ̄;)
ちなみに去年は9月18日でした。

そして、「国慶節」=建国記念日ですね。
は、新暦で行われるので毎年同じお休みになります。

とゆうように、中国の祝日は旧暦と新暦でお祝いするのが混在するので
慣れるまでは変な感じがします。

中国の法定祝日つまりカレンダー上の正式に認められたお休みに
なっているのが、
正月        新暦1月1日
旧正月(春節)  旧暦1月1日プラス2日・3日の3日間
労働節      新暦5月1日プラス2日・3日の3日間
国慶節      新暦10月1日プラス2日・3日の3日間


だけっ!(;¬_¬)なんですよね。



他に、対象に値するケースでお休みになる場合がありますが、
児童節(子供の日)新暦6月1日に13歳以下の子供のみ休み。
婦女節(国際婦人デー)新暦3月8日に働いている女性のみ半日休暇。
教師節(教師の日)旧暦9月1日に学校の教師のみ休み。

くらいですね。

しかし、この婦女節や教師節に関しては、導入するしないは、
各企業・学校で決定出来るので、自分の職場が導入していなければ、
普通の日になっちゃうんですよ。ゞ( ̄∇ ̄;)おいおい



近年、中国には伝統的な記念日や最近入ってきた西洋文化の記念日も
もちろんありますが、国民の休日では無いんですよねぇ。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

だから、中国で働いていると唯一まとまった休暇を取れるのが、
旧正月・労働節・国慶節だけ
になっちゃうんですよね。

大きな会社であれば、年間カレンダーを作成してこの三大休暇に
1週間~2週間のお休みを取り入れてることが多いですね。

小さな会社では、老板(らおばん)=社長のさじ加減1つで決まって
しまうので、よく休めても4日間とかもあるんですよ。



ちなみにameiが今お世話になっている会社も、以前の労働節で何日から何日間
お休みになるのかが全然分からずΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!、連休前日に老板から
「明日から旅行に行くの?」と不思議な質問をされたこともあります。

この時は、
「何日間休めるかも知らなかったのに旅行なんて行けるか~ヽ(`⌒´)ノ」
と言ってしまいましたが・・・(*≧▽≦)エヘヘ

この反省?をふまえ、その後の一時帰国のエアーチケットは会社からの
決定を待たず法定祝日の前に勝手に手配して、
「何日から何日まで休むね~ヾ( ̄◇ ̄)ノ))」と宣言をしています。

日本では考えられない大雑把な休暇の取り方でしょ!( ̄m ̄〃)むふっ

契約社会で、お休みもきっちり決まってなくても業績をしっかり残しさえ
すれば文句言われない中国ならではの方法ですね。

って、今の会社だから許されているだけかもしれませんが( ̄▽ ̄)V

余談ですが、
お隣の香港や澳門は別の国扱いになっていますので、当然祝日内容は
中国とは違います。
香港の場合はもとイギリス領だった時の名残があるし、
澳門の場合ももとポルトガル領の名残が残っているんですよね。

イースター休暇や返還記念日なんかもあるし・・・いいなぁ~( ̄ρ ̄*)

ランキング参加中!
中国の法定祝日日数って少ないんだなぁ~と思った方、クリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zhmeimei.blog31.fc2.com/tb.php/248-1f2f75d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。