スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 澳門のお好み焼き屋さんで見つけたモノは・・・ 

昨日の夜は珍しく雨の珠海でした。
でも、日中はホントに2月の旧正月前なのか?と疑いたくなるほど
暑い日でしたねε=( ̄。 ̄;)フゥ

そんな暑い日中に、サプライヤーが手配している筈のサンプルが用意
されておらず、1時間も車の中で待機する羽目になっておりました。
窓を開けてても、暑くって暑くって・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ

まぁ、中国で働いているとこんな時間の無駄になることはまま有ることですが。



さて、気を取り直して・・・
今回は澳門で名古屋出身の老板が澳門でお好み焼き屋さんに
初めて利用してみた時のことです。

以前、まおまお&マオの華南な生活のまおまおさん(残念ながら現在Blogは
休止されていますが)がご紹介されており、詳しくはこちらへ 
一度利用してみたいと思っていたので、チャレンジしたのですが
注文したお好み焼きや焼きそばは大阪人じゃないameiでも(;¬_¬)・・・

で、このお好み焼き屋さんの2Fにある席を利用した時に、あるモノ
発見したんです!!!( ̄m ̄)むふっ♪



それは・・・・・



これですρ( ̄∇ ̄o)
本1



分かる方はもしかしたら、慎さんだけかもしれませんが・・・
日本の作家 森博嗣氏の書籍の中国語翻訳本ですキャ━((o(≧∀≦)o))━!!!!

いやぁ~、ameiは森博嗣氏はファンなので、タイトルに気づいた時の
驚きようったらありませんでしたよ~(≧∇≦)キャー♪

日本の作家では中国語に訳されて販売しているのは、なんとなく知って
いましたが、こんな所で大好きな作家の翻訳本を見かけることが出来る
とは思ってもいませんでした♪

他にも宮部みゆきの翻訳本も置いてありました( ̄▽ ̄)V

写真で見ると分かる様に、日本版の書籍とは違い右開きで、内容は
横書きの中国語
になっておりました。
日本の書籍は大体左開きで縦書きですから!



何となく、中国圏の本屋さんに行って、
中国語の勉強用に日本の作家の本を購入しても良いかもしれない(^m^*)♪
と、思わせてしまう魅力がありますよね。

でも、森博嗣氏の小説の内容は日本語でも難しい内容が多いので、
挫折してしまう可能性も大ですが・・・( ̄- ̄;)



ちなみに気になるお値段はこれρ( ̄∇ ̄o)
本2



『・・・。』( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)

通常、日本のノベライズで900円前後、文庫本でも600円前後なのに対して
中国語翻訳本21元(日本円で約350円)って・・・

やすっ!どてっ(o_ _)o彡☆

よ、よく翻訳本の発行を許す気になったよなぁ~(゚O゚ ;)



やっぱこれはあれでしょうか?

早く中国語を覚えて日本語文庫本購入いらずに成長しなさい!

って、ことでしょうか・・・・Σ( ̄▽ ̄∥)がーん

ランキング参加中!
ちょっと中国圏の本屋さんに日本の翻訳本を探しに出かけたくなった方、
クリックお願いします。左クリック1回です~♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zhmeimei.blog31.fc2.com/tb.php/343-5311ad77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。