スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国での初映画! 

以前、珠海の映画館のご紹介をしました。詳しい内容はこちらへ

その時公約?した映画鑑賞してきました。( ̄▽ ̄)V いえーい!

まずは、インターネットで上映時間を確認し、映画館へ。
今回のお目当てはハリーポッター(中国名:哈利・波特4) 

今回は外国映画なので大人一人30元。受付で上映時間を言うとPCで
席を決められます。この時間の最初の客だったらしく、映画館の係が
一番見やすい場所を取ってくれました。
発券されたチケットρ( ̄∇ ̄o)
電映城2
 入場の時に
 
 右側を係員に

 もぎってもらいます。

 

 




映画で定番のポップコーン1つとコーラ2本を購入。合計10元。
お値段は結構良心的でした。ポップコーンはキャラメル味でカリカリしていました。
売店の様子ρ( ̄∇ ̄o)
電映城3
 写っている小姐が

 目立っていました。

 厚化粧で煙草吸って

 いたのですが、

 中学生位でした。




さて、問題の映画館会場内部ρ( ̄∇ ̄o)
電映城1
 約120名くらいの大きさ

 でしょうか?

 次回上映映画予告を

 流していました。

 詳しく見たい方はHPで




すごく綺麗とは言い難く、でも汚すぎからずといった感じでしょうか。
一応、上映1回1回で、客を出し、清掃に入っていました。

5会場ある内の3会場でハリポタを上映していましたが、上映時間に
よって会場の看板を変更していました。

私が鑑賞しようとした回では、15分程前から会場前に人が
集まりだしました。おおよそ10人くらい。
皆好みのジュースを手に取り待っています。

会場へ入場すると館内は明るいまま予告を流していました。

席が一応決まっていますので、その席へ座り上映を待ちます。

本編が上映するまでは明るいままでした。
上映開始からは会場が暗くなるので、暗くなってからは係員が
懐中電灯で席まで案内します。


ここからが中国人の本領発揮でした。
Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!


上映中でも、携帯が鳴ったら会話をします。
ゞ( ̄∇ ̄;)おいおい

一緒に見に来ている友達としゃべっています。(  ̄ノ∇ ̄) ̄- ̄)話話

上映中にも係わらず、席を移動します。しっしっ!ゞ( ̄ー ̄*)邪魔!

何回も席を立ちます。子供でしたが。o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o



・・・ンモォー!!o(*≧д≦)o″))うるさーぁいい!


以前何かで読んだ内容で、クラシックコンサートでも
同じような観客で主催者側が憤慨したと紹介されていたことを
思い出しました。

今回、この回の上映には約20名程の鑑賞者がいたのですが、
それでもこの調子。Σ(-_-+)ピキッ

会場が満席になったら、きっと・・・・・ヽ(`⌒´)ノむっき~

ゆっくり映画鑑賞どころじゃ無いでしょうね。


ちなみに、よく映画のDVDの海賊版を映画館で直接撮影しているのは
簡単にできると思いました。

だって、お客さんが圧倒的に少ないし、係員は上映中に1度見回り
来ただけでしたから!( ̄m ̄)ふふっ

今回はイギリス英語の原版、中国語の字幕
で鑑賞しましたが、映像をみながらなんとか内容はつかめました。
字幕を読んでも意味が分からない箇所はありましたが、
おおざっぱにはこんな内容というのは理解できました。

字幕が出て、消える速度が速いんですよね~。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

中国語がネイティブな方なら、大丈夫かもしれませんね。

巷ではDVDが出回り始めたので、今度は自宅でゆっくり鑑賞します。



土曜日の夕方の回を利用したので、子供連れの家族や中学生の利用者
が多かったような気がします。夜なら、大人ばかりでもう少し落ち
ついて観られる・・・・・訳は無いでしょうね。( ▽|||)

ちなみに
最後のエンディングロールの途中でブチッ切られて
会場が明るくなります。(T∇T ;)ああっ!

確か、いくつかの映画はエンディングロールの最後に少し内容に
関連した映像を含んでいるケースもあったと思うのですが、映画館
ではちゃんと確認しているのでしょうか?!

真相はDVDでチェックしてみますね。( ̄~ ̄;) ウーン

夜の中影火星湖電影城ρ( ̄∇ ̄o)
電映城4
 映画が終わり、外に

 出たら真っ暗でした。

 18:30くらいですが

 ライトアップされ

 綺麗でした。





中影火星湖電影城HP:http://www.cfmc.cn/
12月14日から真田広之も出演する『無限』が大きく宣伝されていますよ。
一度ご覧下さい。(≧∇≦)キャー♪


ランキング参加中!
中国人の忘却無人さにあきれてしまった方、クリックお願いします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zhmeimei.blog31.fc2.com/tb.php/45-eafad163

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。