スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 台北旅行記♪その2 

到着日以来、ずーーーーーーーーーと雨が続く台北です。

珠海出発時に旅行だから・・・と、持参した中国製折りたたみ傘
すっごく重宝していますr(^^;)ハハッ

いつ捨てても良いと思っていたのに、旅先台北は先週金曜日から午前
に天気が良くっても、午後から2時間程度は雷を伴うの雨が降る毎日が
続いている
との事でした。

今や、お出かけ時の必需品になっていますよ(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪



本題の前の予備知識として台湾の基礎情報を!

通貨:台湾ドル(レート1日本円=3.5新台湾ドルNTD)
時差:日本時間-1時間(中国の時間と同じ)
携帯:中国の携帯でもローミング可能なら使用可
電圧:日本と同じ110V、60HZ
言語:普通語・台湾語


と、こんな感じでしょうか。

さて、今回の台北旅行記は台北桃園国際空港から台北市内への移動
からですね。

台北桃園国際空港に到着したameiは、まずたばこを吸いに一旦外へ
出ました。たばこを吸っていると、白タクのおじさんが客引きの為に
日本語で声を掛けて来ます(≧m≦)ぷっ!

見ただけですぐに台湾人との見分けがやっぱりつくみたいですね。

空港から正規のメーターで大体1000HTD程度とは、台湾に詳しい友人に
聞いていたんですが、一人目の運ちゃんは「1200NTD、メーターだと1500
NTD」、2人目の運ちゃんは「1100NTD、メーターだと1300NTD」と言ってました。

ameiは、どうしたと思います(≧m≦)?






「高い~!!(ー_ー#)」

と断って、空港発市内行きのバスを使っちゃいました。

ちなみに、この時点ではまだNTDを持っておらず、運ちゃんにATMの場所
まで教えてもらっちゃいましたから( ̄ー ̄)b

無事、ATMでNTDを引き出し、入国ゲートを背に左側へ進むと各民営バス
会社の窓口があります。
(今回、ameiが利用したキャセイは第一ターミナルに到着でした。
第2ターミナルの到着は今まで経験ありませんが、入国ゲートの裏
だそうです)

こんな感じで利用客が沢山いましたρ( ̄∇ ̄o)
空港バス1



ameiは今回、中山北路の老爺大酒店を予約してあったので、
国光汽車客運の空港→台北総駅行き125NTDのチケットを購入しました。

こんな感じのチケットρ( ̄∇ ̄o)
空港バス2



左はスーツケースに貼られた、荷物番号シール。右がバスチケットです。

各バス会社の入り口で並んで待機します。並んでいる最中にチケットの
確認がされ、スーツケースに荷物番号シールを貼られ、控えももらえます。

こんな感じですねρ( ̄∇ ̄o)
空港バス3



バスが到着した時、↑のチケットをもぎられ、空席分の人数だけ
乗車出来ます。と言うのも、到着したバスには既に何人かが座席を
埋めてしまった状態だったんですよ。

でもameiは、10分も待たずに乗車出来ましたよ(o≧▽゚)oニパッ

運行数が多く、間隔が15分~20分らしいので、それほど待たなくても
良さそうな感じでしたね。

バスの中はこんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
空港バス4



結構ぼろいバスでしたが、乗車して台北市内に向かう為高速に乗ります。

この時、見えてきた風景が・・・

日本の田舎風景と遜色なしΣ(- -ノ)ノ エェ!?

ほら、日本の高速道路って山か結構田舎の田んぼの風景が続くじゃ
ないですか。この景色が妙になつかしい気分になってしまいましたね。



さて、
無事乗車出来たameiが次に気をつけるのが、バスを降りる時です。

一応、降りるべきバス停の名前は調べてありましたが、地理が分かって
いる訳ではありませんからね。市内に入ってから全てのバス停に
止まって運ちゃんが大きな声で場所を言ってくれると良いな・・・


と、様子を見ていました。

このバスの各席の天井には「下車鈴」があり、これを押すと運ちゃんが
バス停で止まってくれる様子です。一番最初のバス停に到着。数名の
利用客が降りる時にバス名を言った運ちゃんの声は、



小さくって何言ってるか聞こえないし・・・(;一_一)






不安と戦いながらも、ameiと同じバス停で降りる利用客がいる事を
むっちゃ祈ってましたよ・・・(οдО;)

2番目のバス停では何とか運ちゃんの声も拾えたんですが、その後
停車する様子がありません。。。

途中、運ちゃんが小さい声で何かを言ってたんですが、聞き取り出来ず
仕舞い。。。

車窓から見た風景は・・・

ガイドブックで見た風景が!Σ( ̄[] ̄;)あうっ

赤信号でバスが停車した時、運転席まで確認しに行ったんですが・・・

運ちゃん 「このバス停は通りすぎっちゃったよ・・・」
amei    「ガ━━∑(゚∇゚|||)━━ン!!」
運ちゃん 「さっき言ってたでしょ?」
amei    「聞こえなかったもん・・・」
運ちゃん 「じゃ、次で降りるんだね」

と、お約束通~りの会話をして、次のバス停に到着したんですがそこは
北京総駅で全員下ろされる最終バス停でした( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ

バスの荷台からスーツケースを取り出し、運ちゃんに荷物シールの控え
を見せて、タクシー乗り場まで移動しました。

通常、台湾のタクシーは香港同様トランクを使用すると+10NTD追加
料金が必要になります。

従来では、トランクを使用しないで助手席にスーツケースを置く方法が
多いらしいのですが、雨で路面が濡れていた為に助手席乗せ拒否され、
トランクに入れるしかありませんでした。

ま、それでも日本に比べれば初乗り70NTDで、2ブロック程度で済んだ
のは不幸中の幸いと言った感じでしょう( ̄0 ̄)/ホテルまでは85NTDでした。

無事、空港からホテルに到着して予約したお部屋で一息つけたのは、
幸いにもまだギリギリ外が明るい時間帯でした。

まぁ、今回の失敗は簡単に想像しやすい範囲で「やっぱり・・・」
と想定内で何とかなりましたねε=( ̄。 ̄;)
ではでは、次回はmeiが利用したホテルをご紹介しま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
ありそうな失敗だよなぁ・・・と思っていた方、クリックお願いします。
ケチらないでタクシー使えば良い話なんですけどね(*≧▽≦)ゞ

コメント

台北のタクシー

国賓飯店で降りる筈だったんですね。
運転手によってはかなり大きな声で言ってくれる人が居ますが・・・
台湾の場合は国賓飯店とか下車予定のバス停名をメモに書いて、台湾人らしき人に見せれば99.9%世話焼きしてくれますので、こういう場面では下手に普通語で対応するよりその方が楽チンです。

あと、白タク運ちゃんの言い値ですがボッタクリではありません。
空港から市内(ameiんさが下車したかった中山北路2段付近)ですと、エアポートタクシーなら1500元前後(空港からはメーター表示×1.5)かかります。

台北のタクシーは現在の料金に値上げした時点でメーターの変更はせず、日中深夜料金メーター、深夜はそのメーター+20元で運用されています。

市内から空港は流しのタクシーは交渉次第で、900元~1200元くらい。
ホテルの手配だと1000元くらいから2000元超までホテルの格式や車種により色々です。
国賓飯店付近ですと、ビジネスホテルの緑峯大飯店の手配するハイヤーは旧型ですがベンツのSクラスで1000元くらいと安かったですね。
京都商務旅館は無線タクシー(車はカムリかティアナクラス)で同じく1000元くらいでした。

桃園空港の白タク

桃園空港の白タクですが、大きく分けて2種類あります。

一つは、普通に客を捕まえて市内まで激走する一発屋

もう一つは、空港で客引きして客を一旦空港外の駐車場まで連れて行き、そこから相乗りタクシー又はワゴンで市内まで行くタイプ。

前者の一発屋はその運ちゃん次第ですが、値段は1100元から1500元。
後者は400元くらいが相場なのですが、この客引きが相場を知らない外人相手だと1発屋と同じくらいの値段を吹っかけて来ます。
これはボッタクリと言えばボッタクリなのですが、決してタクシー以上の料金を取らず、客はちゃんと送り届けるのが台湾的なワルのシノギです。

台北ですか!

老爺大酒店に宿泊なんですね。 私はこのホテルに一度も宿泊した事有りません。高いので、、、。

故宮博物館へは行かれるのですか?
ここは結構面白い展示物があるので、私は好きです。 ブタの角煮の石とか。

TABOさま

色々とご教示頂きありがとうございます。
おっしゃる通り、国賓飯店で下車予定でした。
>台湾人らしき人に見せれば99.9%世話焼きしてくれますので・・・
なるほど!その手もありましたね。勉強になります(笑)
ほんとは運ちゃんにお願いしたかったんですが、満員状態だったので
前方の席に座れなかったのが敗因でした(汗)
白タク運ちゃんの言い値は「高い!」とは言いましたが、
「そんな感じだろう・・・」とも思っていたんですよ。ただ今回はなるべく
節約出来るところは節約したかったのでバスにしようとは最初から
計画していたんですよ。
今回の旅行で台湾を気に入ったので、また行きたいとも思っています。
期間の短い旅行にする時にでも、贅沢にハイヤーを使ってみたいですね。
・・・でも、その前にガソリンの高騰で値段が変更になっていない事を
祈るばかりですね。

TABOさま

ほうほうほう・・・
なるほど、白タクにもそんな種類があったんですね。
ameiは前者しかいないと思っていました。しかし、相乗りワゴンに
移動させられると不安でいっぱいになりそうですね(汗)
確かに、台湾のタクシーでの不満は殆どありませんでした。
(1名、むかつく運転手がいて怒っちゃいましたが・・・)

flexiblefishさま

老爺は良かったですよ~♪
とは言え、実はameiも友人と一緒のお部屋だから!
と2泊しただけですが・・・(笑)
残り5泊はもう少し安いホテルにしちゃいました。
故宮博物館は・・・
実は全然興味が無く、以前台北旅行をした時も時間をもてあまして
しまったんですよ。今回は残念ながら、別拠点にしました。
記事をまとめたり、UPする時間が作れなかったので徐々にUPして
いきますのでもう少し御時間を下さいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zhmeimei.blog31.fc2.com/tb.php/517-019e3a32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。