スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 台北旅行記♪その11 

どうやら、また台風が近づいているらしい珠海です(◎д◎;)

早ければ今夜から遅くても今週末までには、大型の台風が上陸して
くるらしいとのことですよ。

・・・どうせ大型台風が上陸しても、珠海にはシグナル8(香港や澳門
では発令される外出禁止令)
なんてないし、大雨でも暴雨でも日頃と
変わらぬ生活が待っているだけなんですが(;一_一)



さて、ameiの長かった(ほんと、すいませんっっ)台北旅行記も今回が
ようやくラストです。最終日、空港までの移動は宣美飯店から近い、
長榮国際儲運のエアーポートバスで桃園国際空港まで移動しました。

この長榮バスはバス停の付近にチケット売り場があり、乗車する前に
空港行きチケットを購入する事が可能です。
こんな感じρ( ̄∇ ̄o)
バス1


空港行きのチケットρ( ̄∇ ̄o)
バス2


こんな普通の路上にバス停がありますρ( ̄∇ ̄o)
バス3


バスが到着すると、チケット売り場のおばちゃんが教えてくれます。
荷台は第1・第2ターミナルと置き場が分かれており、自分で乗せます。

台北市内で、12拠点ものバス停があり2階建てバスで運転手さんには
ヘッドセットが装着され、バス停の名前を聞き漏らす事もありません
でしたよ(o≧▽゚)oニパッ

それに、エアーポートバスの市内を回るルートとバス停の名前の
明記されたパンフレットもあるので、中国語が分からない人でも
地図を追っていけば目的地に無事到着出来ますよね。



桃園国際空港へは
第1ターミナル→第2ターミナルの順に到着します。

第1ターミナルに到着した時に、先に下車したお客のチケットを
回収後、第2ターミナルに向かうお客も第1ターミナルで停車中に
服務員がバス内を回りチケットを回収にきます。

今回、ameiはキャセイで第1ターミナル(古)だったんですが、日本からの
友人が第2ターミナル(新)だった為、出航時間は同じ時間だったんですが、
一緒に第2ターミナルまで移動しました。

台北現地集合だと、このターミナル違いが面倒なんですよね(;一_一)

更に、日本発着便のおおよそは新しい第2ターミナル使用でした。

ameiは以前トランジットで、第2ターミナルのイミグレ内しか利用した
事が無かったので(それも搭乗口を勘違いして爆走しただけ)、新しい
ターミナルがどんな風かも見てみたかったんですよね。



ってことで、
先ずは第2ターミナル出発ロビーの様子ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港1


4Fのフードコートとお土産物屋さんρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港2


ちょっと、国際空港にしては小さめのフードコートでした。2000年に
開港したらしいのですが、綺麗ですよね。

第2ターミナル到着ロビーの様子ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港3


エアーポートバスチケット売り場入口ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港4


↑の場所は到着ロビー出口を背に右手に進み、どんつきでまた右折。
しばらく真っ直ぐ行くと左手にチケット売り場の入口が見えてきます。

バスチケットカウンターρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港5


なんて言うか・・・第1ターミナルとは比べものにならない程、綺麗
なチケット売り場ですよね。このチケット売り場がそのまま待合い室
も兼ねています。バスが到着時には、各会社の担当者が案内もして
くれますよ!

と、こんな感じでした。



ただ空港では、別々のターミナルでチェックイン手続き後、イミグレ内
で友人と再会し、一緒に登場時間ギリギリまで過ごす事は不可能。

第1・第2ターミナルは全く別の独立した建物で、免税店すら
別になっているとのことでした・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン




ただ、台北経由のトランスファー用には第1・第2ターミナルを結ぶ、
ミニ電車で移動する事は可能なんですよ。

結局、友人とameiのチェックイン時間ギリギリまで第2ターミナルで
一緒に過ごし、出発ロビーでお別れ。ameiはこのミニ電車で第1ター
ミナルに移動して、自分のチェックインをすることになってしまいました。

こんな感じのミニ電車ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港6


なるほど・・・こんな可愛いサイズのミニ電車でも用は足りるって程、
利用客がいない状態でしたね。

たまたま、時間帯が良かっただけかもしれませんが(≧m≦)ぷっ!



第1ターミナルは・・・
出発ロビーと到着ロビーが同じ1Fにある建物だったんですね。

ミニ電車を降りて、到着したのが初日に利用したバスチケット
売り場でしたよ。

結局、ameiはプチ迷子状態Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)んっ?
空港の係員に場所の確認をしてようやく出発ロビーまで移動しました。

キャセイのカウンターで並んでいると・・・

「香港行き~香港行き~」とキャセイの係員が呼んでいるので、
ameiはあわてて自分のチケットを提示して、直ぐにチェックイン手続きを
してもらったんです。



でも、違ったんです( ̄± ̄?)ん?



ameiが予定していたのは16:20のフライトの台北→香港、今回発券され
ていたのが・・・15:25発のフライトだったんです。

おかしいと思ったんですよ。いくらチェックインギリギリまで第2
ターミナルで遊んでいたとは言え、呼んでいるのが香港行きだった
ので、一応見せてみたら直ぐに発券なんて・・・

お陰で、久しぶりの台北の空港免税店で探検する

時間一切なし

でした(ノ_-)クスン

出国手続きと一服するだけの時間

しかameiには残されていませんでしたね。

まぁ、ディレイとかで予定より遅くなったりする事を考えれば、早く帰れる分
楽なんですケド。

チェックイン担当者には、「通常ミールになりますけど良いですか?」
聞かれた位で、台北→香港間の食事が美味しかったので「良いよ~」
答えたら、これでしたから(≧m≦)ぷっ!

もしかしたら、予め予約便より早い飛行機に変更する旨を伝えてくれて
いたのかもしれませんが・・・



ちゃんと聞いちゃいね~し(*≧▽≦)ゞへへっ



しかし、飛行機の便でもまさかの空席状態で便の繰り上げサービス?
があるなんて♪

初体験でした。う( ̄- ̄)(_ _)ん



ameiの主観では、台湾旅行はほんと良かったです。

特に、清潔さや街の綺麗さは日本に匹敵する程整備されてて、中国で
暮らしている日常の不満(例えば、ゴミのポイ捨てや痰を吐く等)の
悪習慣が全くありませんでした。

それから、台湾人の中国語(普通語)が聞き取り易かったですね。中国人
から言わせれば、「イマイチ」とか言ってそうですがameiは広東語のなま
った普通語より全然良かったです。

・・・出来れば、短期語学留学でもしたいくらいですよ。

まぁ、今は珠海でお仕事をしていますから、超短期の2週間程度が限界
なんですけどねゞ( ̄∇ ̄;)おいおい

難を言えば、喫煙者にとっては街全体で禁煙実施を行っており、殆ど
のレストランが全面禁煙。タバコが吸えるのは屋外かホテルのお部屋
もしくは、すっごく数の少ない喫煙所だけって事でしょうか。

また、機会を見つけて今度は澳門から遊びに行きたいと思います♪

更新が遅く、長らくお付き合い頂きありがとうございました。
次回以降は通常の珠海のご紹介をしていきま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
下調べは大変そうだけど、慌ただしいパックツアーより個人旅行の方が
ゆっくり出来そう・・・と思った方、クリックお願いします。

コメント

桃園機場

番外編お疲れ様でした

短期間でホテルを移動したり、高雄に足を伸ばしたりと行動的なご旅行でしたね。

桃園空港のシャトル小さかったでしょw
1両がイミグレ前のお客さんで、もう1両が出国審査済みエリアのお客さん用、ちなみに日本製です。

出国審査後も隣のターミナルまで徒歩又はシャトルで行けるのですが、それなりに時間がかかるので行き来する人は少ないですね。
私も徒歩で行けるようになった頃やその後エバー便のトランジットで暇つぶしに移動したくらいです。
まあ普段は1時間前くらいにチェックインしているので遠征する余裕なんて無いんですけどねw

便の繰上げですが、非常に便数が多い香港⇔台北線では国内線の幹線のように前の便に空きがあれば前倒ししてくれる事がよくあります。(後の便が満席などの場合は向うから早い便に変更してくれないか?とお願いされる事も)
あとこの路線の場合、香港人や台湾人ビジネスマンがよくやるように遅目の時間帯で予約を入れておいたり、予約なしで空港到着後に一番早く乗れる便にするという利用者がけっこう居ます。(私も東莞や深センから陸路香港空港へ入る場合によくやります)

台湾も喫煙に関する規制が厳しくなって来ましたが、香港と比べればまだ緩い感じ、大手カフェチェーンでは喫煙エリアを維持している所もありますし、レストランも大きなお店だと分煙営業している所が多いので、スモーカーの方々は上手く利用されているようです。

TABOさま

桃園空港のシャトルはホント小さくってびっくりしましたね(笑)
一応、第2ターミナルのCIの服務員にイミグレ内の免税店が
繋がっているかどうか確認したんですが、ameiの聞き方が
悪かったのか「ノー」と言われてしまったので、友人と出発
ターミナルで遊んでいました。

イミグレ内にもシャトルで行き来可能だったんですね。
勉強になりました♪

しかし、飛行機の繰り上げがそんな風に行われているとは
知りませんでした。
澳門の港澳碼頭で、香港行きのフェリーは、その時間のチケットを
持ったお客が乗船後、空席があれば前倒しを希望する列に並んだ
順に乗れるシステムがあるのは知っていましたが、飛行機の便でも
適用されちゃうなんてさすが香港台湾線ってことなんでしょうね。

台湾でも分煙を実行しているレストランもあるんですね♪
台湾の喫煙者はさぞ肩身の狭い思いをしていると思っていた
んですが、抜け道もあったんですか。

次回、台湾旅行を計画した時には先にお伝えしますので、是非
分煙化されたレストランの情報をこっそり教えて下さい(笑)

毎回、台湾の情報を色々教えて頂きほんとにありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zhmeimei.blog31.fc2.com/tb.php/531-4f016ada

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。