スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底した銀行の新通帳の発行方法Σ(□`;)アゥ 

前回も「寒いっ!!」とお伝えしましたが、あの日以降の数日は暑い日
もあったんですが、すぐまた寒くなり街中が一気に冬の装いに変化
してしまいましたよε-(ーдー)ハァ

まぁ、日中は秋らしく過ごしやすい気候にはなっていますけどね。



さて、中国系銀行の口座を未だ持ってないameiは、いまいちシステムが
分かっては居ないんです。

ただ・・・自宅の大家さんの口座に電気代・水道代と家賃を入金する
様にはなっている為、月に最低1度は銀行に行く必要があります。

電気・水道代は中国工商銀行に大家さんの通帳を持って直に入金を
しています。通帳は日本の預金通帳と全く同じです。

先日も電気代分の預金不足の為に入金をしに、会社近くの工商銀行
まで行ってきたんですが、ちょうど通帳が最後のページになっており、
「今回は新通帳になるんだろうな~(^◇^)」とは想像していました。

ようやく自分の番になり、通常通りに現金と通帳を渡したら・・・

入金は問題ありませんでしたよ。入金はっ

ただ、古い通帳のデータを新しい通帳に移し、いきなり

◇表紙の部分を破り捨てますΣ(- -ノ)ノ エェ!?

◇裏表紙にある磁気読み取り部分をハサミで切り取ります。

◇↑のカットした部分から更に、一部分を四角く切り取ります。

この状態の古い通帳を返却されます。

新通帳に発行した銀行印を押し、新通帳の出来上がりでした( ̄ー ̄)b



すっごい徹底したやり方ですよね。

古い通帳を破った時には、思わずドキドキしちゃいましたよ。
なんせ、大家さんの通帳ですから・・・(;一_一)

恐らくはお国柄上、日本の様にVOID印とPCのデータの修正だけでは
古い通帳からどんな悪事に使用されるかが色々想像出来る為、銀行
側も徹底した破棄方法を取っているんでしょうね( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ

日本は、銀行の窓口がオープンですが、中国や香港の銀行は銀行側
の服務員と利用者の間には、透明な強化ガラス?が一面に設置され
マイクを通して会話をし、お金はカウンターの一部に窪みが作られ
ている程、防犯対策されていますから。

ここ1年程前から、中国系銀行のキャッシュカードが日本でも使用
出来る様になり、一時帰国中日本でも中国の口座を利用されている
方が増えています。今流行?の「銀聯カード」ならOKみたいですよ。

ameiは今、香港の銀行しか口座がありませんが、来年にでも中国系
銀行にもデビューしても良さそうですよね(o≧▽゚)oニパッ

・・・余談ですが、前回の一時帰国ではその香港の某銀行のATMで
すっごーーーーーーい苦労しちゃいましたよ(ーー;)

日本のATMは、「一度に下ろせる限度額」が設定されていますよね。

で、利用している香港の口座から、その金額内で為替手数料を
少なくしたい為に、一度で限度額まで引きだそうとしたら、



出来ませんでした( ̄▽ ̄;)!!ガーン



よくよく確認してみたら、



「ameiに対する1日に下ろせる限度額」



が、設定されていたとのことでした( ▽|||)くそ~

ランキング参加中!
時代は進んで中国系銀行のキャッシュカードまで日本で使える様に
なっていたなんてすごいなぁ~と思った方、クリックお願いします。

コメント

私も最初はびっくりしました。あんな状態のもの返却されてもねえ・・・

東京ではUNION PAY使えるところはデパート・ATMを中心にかなり増えていますね。

yoshiさま

同じ経験をされたんですね。
ある意味、旧通帳ボロボロ状態ですから、びっくり
しますよねぇ(笑)
銀聯カードの需要は私達在中国日本人の増加より、
中国人観光客の多さに比例しているんでしょうね。
なんせ、日本へ旅行出来る中国人は皆、相当な
お金持ちなんでしょうから。

amei様
銀行での一日に引き出せる限度額って個人別に設定されるんですか!?
私ゃてっきりお国の決まりで『一日5000元』になっているのかと思いました。 再見

kazuhiroさま

正直、細かい詳細は不明なんですが・・・
口座の種類によって、限度額が設定されているのだと
思いますが、香港の場合、一般的にはATM1日限度額が
2万HKD程度だった筈。
まさか、この制度が日本のATMにも適用されているとは!?
・・・と、びっくりだったんです(涙)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zhmeimei.blog31.fc2.com/tb.php/548-1da3127f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。