スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 台北旅行記♪その11 

どうやら、また台風が近づいているらしい珠海です(◎д◎;)

早ければ今夜から遅くても今週末までには、大型の台風が上陸して
くるらしいとのことですよ。

・・・どうせ大型台風が上陸しても、珠海にはシグナル8(香港や澳門
では発令される外出禁止令)
なんてないし、大雨でも暴雨でも日頃と
変わらぬ生活が待っているだけなんですが(;一_一)



さて、ameiの長かった(ほんと、すいませんっっ)台北旅行記も今回が
ようやくラストです。最終日、空港までの移動は宣美飯店から近い、
長榮国際儲運のエアーポートバスで桃園国際空港まで移動しました。

この長榮バスはバス停の付近にチケット売り場があり、乗車する前に
空港行きチケットを購入する事が可能です。
こんな感じρ( ̄∇ ̄o)
バス1


空港行きのチケットρ( ̄∇ ̄o)
バス2


こんな普通の路上にバス停がありますρ( ̄∇ ̄o)
バス3


バスが到着すると、チケット売り場のおばちゃんが教えてくれます。
荷台は第1・第2ターミナルと置き場が分かれており、自分で乗せます。

台北市内で、12拠点ものバス停があり2階建てバスで運転手さんには
ヘッドセットが装着され、バス停の名前を聞き漏らす事もありません
でしたよ(o≧▽゚)oニパッ

それに、エアーポートバスの市内を回るルートとバス停の名前の
明記されたパンフレットもあるので、中国語が分からない人でも
地図を追っていけば目的地に無事到着出来ますよね。



桃園国際空港へは
第1ターミナル→第2ターミナルの順に到着します。

第1ターミナルに到着した時に、先に下車したお客のチケットを
回収後、第2ターミナルに向かうお客も第1ターミナルで停車中に
服務員がバス内を回りチケットを回収にきます。

今回、ameiはキャセイで第1ターミナル(古)だったんですが、日本からの
友人が第2ターミナル(新)だった為、出航時間は同じ時間だったんですが、
一緒に第2ターミナルまで移動しました。

台北現地集合だと、このターミナル違いが面倒なんですよね(;一_一)

更に、日本発着便のおおよそは新しい第2ターミナル使用でした。

ameiは以前トランジットで、第2ターミナルのイミグレ内しか利用した
事が無かったので(それも搭乗口を勘違いして爆走しただけ)、新しい
ターミナルがどんな風かも見てみたかったんですよね。



ってことで、
先ずは第2ターミナル出発ロビーの様子ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港1


4Fのフードコートとお土産物屋さんρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港2


ちょっと、国際空港にしては小さめのフードコートでした。2000年に
開港したらしいのですが、綺麗ですよね。

第2ターミナル到着ロビーの様子ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港3


エアーポートバスチケット売り場入口ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港4


↑の場所は到着ロビー出口を背に右手に進み、どんつきでまた右折。
しばらく真っ直ぐ行くと左手にチケット売り場の入口が見えてきます。

バスチケットカウンターρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港5


なんて言うか・・・第1ターミナルとは比べものにならない程、綺麗
なチケット売り場ですよね。このチケット売り場がそのまま待合い室
も兼ねています。バスが到着時には、各会社の担当者が案内もして
くれますよ!

と、こんな感じでした。



ただ空港では、別々のターミナルでチェックイン手続き後、イミグレ内
で友人と再会し、一緒に登場時間ギリギリまで過ごす事は不可能。

第1・第2ターミナルは全く別の独立した建物で、免税店すら
別になっているとのことでした・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン




ただ、台北経由のトランスファー用には第1・第2ターミナルを結ぶ、
ミニ電車で移動する事は可能なんですよ。

結局、友人とameiのチェックイン時間ギリギリまで第2ターミナルで
一緒に過ごし、出発ロビーでお別れ。ameiはこのミニ電車で第1ター
ミナルに移動して、自分のチェックインをすることになってしまいました。

こんな感じのミニ電車ρ( ̄∇ ̄o)
桃園空港6


なるほど・・・こんな可愛いサイズのミニ電車でも用は足りるって程、
利用客がいない状態でしたね。

たまたま、時間帯が良かっただけかもしれませんが(≧m≦)ぷっ!



第1ターミナルは・・・
出発ロビーと到着ロビーが同じ1Fにある建物だったんですね。

ミニ電車を降りて、到着したのが初日に利用したバスチケット
売り場でしたよ。

結局、ameiはプチ迷子状態Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)んっ?
空港の係員に場所の確認をしてようやく出発ロビーまで移動しました。

キャセイのカウンターで並んでいると・・・

「香港行き~香港行き~」とキャセイの係員が呼んでいるので、
ameiはあわてて自分のチケットを提示して、直ぐにチェックイン手続きを
してもらったんです。



でも、違ったんです( ̄± ̄?)ん?



ameiが予定していたのは16:20のフライトの台北→香港、今回発券され
ていたのが・・・15:25発のフライトだったんです。

おかしいと思ったんですよ。いくらチェックインギリギリまで第2
ターミナルで遊んでいたとは言え、呼んでいるのが香港行きだった
ので、一応見せてみたら直ぐに発券なんて・・・

お陰で、久しぶりの台北の空港免税店で探検する

時間一切なし

でした(ノ_-)クスン

出国手続きと一服するだけの時間

しかameiには残されていませんでしたね。

まぁ、ディレイとかで予定より遅くなったりする事を考えれば、早く帰れる分
楽なんですケド。

チェックイン担当者には、「通常ミールになりますけど良いですか?」
聞かれた位で、台北→香港間の食事が美味しかったので「良いよ~」
答えたら、これでしたから(≧m≦)ぷっ!

もしかしたら、予め予約便より早い飛行機に変更する旨を伝えてくれて
いたのかもしれませんが・・・



ちゃんと聞いちゃいね~し(*≧▽≦)ゞへへっ



しかし、飛行機の便でもまさかの空席状態で便の繰り上げサービス?
があるなんて♪

初体験でした。う( ̄- ̄)(_ _)ん



ameiの主観では、台湾旅行はほんと良かったです。

特に、清潔さや街の綺麗さは日本に匹敵する程整備されてて、中国で
暮らしている日常の不満(例えば、ゴミのポイ捨てや痰を吐く等)の
悪習慣が全くありませんでした。

それから、台湾人の中国語(普通語)が聞き取り易かったですね。中国人
から言わせれば、「イマイチ」とか言ってそうですがameiは広東語のなま
った普通語より全然良かったです。

・・・出来れば、短期語学留学でもしたいくらいですよ。

まぁ、今は珠海でお仕事をしていますから、超短期の2週間程度が限界
なんですけどねゞ( ̄∇ ̄;)おいおい

難を言えば、喫煙者にとっては街全体で禁煙実施を行っており、殆ど
のレストランが全面禁煙。タバコが吸えるのは屋外かホテルのお部屋
もしくは、すっごく数の少ない喫煙所だけって事でしょうか。

また、機会を見つけて今度は澳門から遊びに行きたいと思います♪

更新が遅く、長らくお付き合い頂きありがとうございました。
次回以降は通常の珠海のご紹介をしていきま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
下調べは大変そうだけど、慌ただしいパックツアーより個人旅行の方が
ゆっくり出来そう・・・と思った方、クリックお願いします。

番外編 台北旅行記♪その10 

ここ最近、自宅のネット環境が不安定な珠海です。
ルーターのDSLランプが何故か付いてないんですよ( ̄^ ̄;)???
ネット上でしか、オリンピック情報が入らないameiはちょっぴり
悲しいです。



さて、今回の台北旅行記は前回に引き続き②の九イ分(じゅうふぇん)
半日ツアー


台北市内の4拠点のホテルが集合場所に指定されており、その時滞在
していた宣美飯店から一番近かったホテルがその前に2泊した老爺
大酒店(ROYAL)でしたr(^^;)ハハッ

今回のツアーは、
午後出発の5時間の旅

旅の疲れもピークな最終日前日。朝寝坊も出来て、ランチに小籠包も
食べて・・・から出発なんて楽ですよね♪

午後13:25ホテルピックアップ。日本語が少しだけ話せる運転手さんの
案内してくれた車は普通のセダン。
白タクを手配した時と変わらない状態で気楽でしたね。

今回も、移動中の車内喫煙可にしてもらっちゃいました♪



高速を使って、まずは瑞芳鎮の特定風景区へ...((((o* ̄-)oぶ~ん

金瓜石

・・・簡単に言えば昔、金鉱山だった山の中に以前の建物を再現した
黄金博物園区の観光だったですよ。

金瓜石には他にも観光名所になっている場所もあるんですが、今回の
ツアーはこの黄金博物園内のみでした。

黄金博物園区の入口ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分1


この対面には金瓜石バス停もあり、平日にも関わらず沢山の観光客
が訪れていました。

入園チケットはツアー代金には含まれず、自腹で購入でしたね。

チケット売り場の様子ρ( ̄∇ ̄o)       こんなチケットρ( ̄∇ ̄o)
九イ分2 九イ分3


大人一人100NTD。
有料エリアに入場する時にチケット提示が必要です。↑のチケットを
を各所提示すると、最大4つ穴が空いた状態になりますよ( ̄ー ̄)b

有料の環境館ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分4


左奥にある白い建物が環境館。
右手前は、今も普通に利用されている金瓜石の派出所でした。

レストランと言うより食堂?!ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分5


入口手前には屋台で当時を再現した名物お弁当(^_^?)
が売られていました。

有料の太子賓館(迎賓館)ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分6


写真では分かりにくいとは思いますが、昭和天皇が来る為にわざわざ
作られた迎賓館でした。中は殆ど昔の日本家屋でしたね。

黄金博物館に続く階段ρ( ̄▽ ̄;)
九イ分7  地図上で確認すると、
  メインの黄金博物館へは
  ←の階段をひたすら上って
  行く様子でした。

  この日ってば・・・
  すっごく暑かったんですよ

  だから・・・
  パスしちゃいました(>_<)

  もう1カ所有料エリアの
  生活美学體験坊は最初の
  入口付近にあったんですが、
  入場人数制限があり結構
  な列が出来ていたので・・・

  やっぱり諦めちゃいました


黄金博物館区 GOLD ECOLOGICAL PARK

住所:台北市瑞芳鎮金光路8号
HP:
www.gep.tpc.gov.tw

別件になりますが、
この黄金博物園の山を下った場所にある黄金滝ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分8


amei達はコースの関係上、黄金博物園に向かう前に運転手さんが
一時停車をしてくれて、写真を撮る事が出来ました。

その昔、この滝に金鉱山から金などが含まれた水によって、黄金に
輝く滝だったらしいです。今でも重金属が含まれた水質の為、滝
手前には警告の看板が出ていましたね。



最大のお楽しみ、九イ分(じゅうふぇん)へ...((((o* ̄-)oぶ~ん

金瓜石から一つ山を越え、車で20分程度の移動で到着でした。

なんでもジブリの「千と千尋の神隠し」のヒントにもなったり、台湾
映画の舞台になった場所として、

台北郊外の観光地の中でも有名な場所

なんですよ。

こんな細い路地から街中へρ( ̄∇ ̄o)
九イ分9  細い路地にこれだけの
  人数が平日にも関わらず
  来ている訳ですから、
  人気がある場所だと言う
  ことですよね。


  この7-11からスタートした
  九イ分は、最初は上に昇る
  ゆるやかな道で頂上付近
  からは階段になります。


  段差が急ではありません
  でしたが、やっぱり結構な
  長さのある階段で、暑い
  日中ではきつかったですね。



  
お土産物屋さんが続いてますρ( ̄∇ ̄o)
九イ分10  やっぱり、チャイナちっくな
  お土産物屋さんが多かった
  です。が、珠海でも購入出来
  そうな感じの商品が多くって

  ・・・ameiはほんとに見てる
  だけスルー状態でした
  (≧m≦)ぷっ!


  途中、台湾で鳳梨酥で金賞を
  取ったお店があり、試食後
  お土産に単品で2個だけ購入
  しちゃいましたね♪

  パイナップル味が甘すぎず
  程良い酸味のバランスが良く
  美味しかったです( ̄¬ ̄)じゅる




半分も過ぎると茶芸館ばかりにρ( ̄∇ ̄o)
九イ分11  年間でも雨の日が
  多い名所で、折角の快晴に
  文句を言ってはいけないかも
  知れませんね。

  ガイドブックには山で天気が
  変わりやすいのと、雨が多い
  理由でここ九イ分へは折りた
  たみ傘を持参した方が良い
  なんてアドバイスもあった
  程です( ̄ー ̄)b
 
  一応、ameiも折りたたみ傘も
  持って行ったんですが、人混み
  の中で日傘として広げるには
  ちょっと・・・
  道幅が狭く、遠慮してしまい
  ましたね。




阿妹茶酒館(あめいちゃーじゅぐぁん)ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分12


お茶のメニューρ( ̄∇ ̄o)
九イ分13


茶菓子のメニューρ( ̄∇ ̄o)
九イ分14


何度も言いますが、とにかく暑かったんです。

だから、アイスでも美味しく飲める茶葉を教えてもらい注文しちゃい
ましたよ。この茶芸館では、一壺売りではなく茶葉売りで何度も
お茶のおかわりが出来る様になってます。
余った茶葉は店オリジナルの茶箱に入れてお土産になります。

数十g程度ですが、さすが観光地お値段高めですがね( ̄- ̄;)

注文した凍頂烏龍600NTDでした。茶菓子は、阿妹特製の芋頭酥=タロ
イモ団子と芝麻団子=ゴマ団子を半分ずつセットにしてもらい80NTDと
雪花gao=ココナッツ羊羹?80NTDを注文してみました。

お茶セット一式ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分15


一番最初の分だけは服務員の小姐がやり方を教えながら作って
くれました。アイス用はちょっと濃いめに出して、移し替えた茶壺に
氷を入れて冷やして飲むそうです。

茶器が小さいので、何度もお湯を足すんですが、2杯目以降は蒸らし
時間を少しずつ増やしていくのがポイントだそうです。

テーブルの下には追加用のヤカンが温めて置いてあるので、まったり
過ごす時間のある方は何度でもお代わりが作れちゃいます。

ココナッツ羊羹?ρ( ̄∇ ̄o)          タロイモとゴマ団子ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分16 九イ分17


↑のココナッツ羊羹は冷たいデザートで直ぐに出てきました。

めちゃめちゃ美味しい~( ̄¬ ̄)じゅる

ココナッツ好きなameiは、ちょっとココナッツ味にうるさいんですが、
このお店のココナッツミルクの美味しさを良く引き出した味で、すっごく
すっごくすごーーーーーーく好みの味でした。

でも、タロイモとゴマ団子の半分セットが出てくるまで実は、むちゃ時間が
遅かったんですよ(;一_一)残念ながら、ameiがこの九イ分で散策可能な
時間が1時間半だけだったので、半分セットは打包(だーぱぉ)=持ち帰り
にしちゃいました。

台北に戻った後、食べてみましたがこれもすっごく美味しかったです。
お時間の無い方は、このセットは注文しない方が良いかもしれませんね。

九イ分出口周辺ρ( ̄∇ ̄o)
九イ分18  最後この階段を下りきった
  派出所脇が終点になります。


  実はamei、中国茶の味が
  よく分からない奴なんですよ
  (;一_一)

  日本の緑茶もどちらかと
  言えば苦手だし・・・

  ただ、日頃の喧噪をちょっと
  忘れさせてくれるノスタル
  ジックな雰囲気いっぱいの
  九イ分の茶芸館でのんびり
  するのも悪くないと感じま
  したね。



お茶菓子が素朴で美味しかったしっ(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪



最後は基夜市へ...((((o* ̄-)oぶ~ん

もうここは既に紹介していますので、カットしますね。
滞在時間30分間でぐるっと一回り出来ちゃいました。



台北へ...((((o* ̄-)oぶ~ん

このツアーでは台北市内に戻った時、
希望の場所があれば送ってもらえるので、宣美飯店まで送ってもら
ちゃいました(*≧▽≦)ゞえへへっ♪



少ない休日でameiに合わせて台北旅行を実行してくれた友人も
一緒だったので、何も言わず目的地に移動出来るこのツアーは
便利でした。

観光客でいつもにぎわっていますが、九イ分にはもう一度ゆっくり
行ってみたいですね。

では、今回はここまでで。
次回はラスト最終日のことをご紹介して台北旅行記を締めくくりたい
と思っていま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
実際、どの辺が千と千尋のモデルになったのか?!がイマイチ分から
なかった方クリックお願いします。実はameiも・・・( ̄^ ̄;)?でした(笑)

番外編 台北旅行記♪その9 

台風の影響で小雨の1日になった珠海です。

お天気と言えば北京オリンピックの開幕式に暴雨の恐れがあるので
化学的に天気を変更する事を検討中とニュースがありましたが、
ほんとにそんな事出来るんでしょうかねぇ~?!



さて、今回は台北旅行の台北市以外の観光編です。ameiは、2カ所の
当日現金払い可能な現地ツアーを申し込みしたんですが、

①JTB台北主催 高雄1日ツアー(昼食付き) 7000NTD
②建達租車公司主催九イ分(じゅうふん)・金瓜石・基半日ツアー 
850NTD
を滞在中に予約しちゃいました(o≧▽゚)oニパッ

どちらのツアーも2名以上で開催されるツアーだったんですが、①の
高雄には参加前日に一人で申し込み、当日参加人数3人+ガイド1名
付き( ̄ー ̄)b


たまたま申し込んだ日が、お二人しか申し込んで無かったらしく
日本から旅行に来られていた老夫婦と3人だけですごく気楽でした。

②の九イ分はバスツアーだったんですが、参加人数によって車の大きさ
が変わるとのことでした。結局、ameiと友人の2人のみ+運転手さん
と、更にもっと気楽な現地ツアーになりました。


さて、まずは①の高雄1日ツアー。

台北駅近くの天成大酒店に集合でそのまま台北駅へ。
予め購入された台湾高鉄(たいわんがぉてぃえ)=新幹線のチケットを
ガイドさんから受け取り、構内へ。

高雄行きチケットρ( ̄∇ ̄o)
高雄1


自動改札口では↑を裏っ返しにして通過します。2007年2月から正式
運行開始された台湾高鉄駅構内はとっても綺麗でした。

始発台北駅構内の様子ρ( ̄∇ ̄o)
高雄2


台湾高鉄の内部の様子ρ( ̄∇ ̄o)
高雄3


エコノミーシートは3×3列で、180度回転出来るシートでした。

この台北高鉄は最速300km、始発台北から終点高雄まで最速80分
で到着出来るとのことでした。

乗車中、何度も現在の速度を示す電光掲示板があったんですが、amei
が見た中では297kmが最速でしたね。日本の新幹線と同じく、車内販売
もやってましたよ( ̄▽ ̄)b

台湾高鉄 日本語HP:http://www.thsrc.com.tw/jp/

約1時間半で、終点高雄 左営(ずぉいん)駅まで到着。現地で待っていた
運転手さんの案内でミニバスに乗り込みます。

↑これが、ameiのツアーを選んだ最大の理由なんですよね。高雄まで
新幹線チケットを自分で購入する事はそんなに難しいとは考えてません
でしたが、現地でタクシーに観光名所を案内してもらう交渉をするのが
超面倒だと思ってましたから(*≧▽≦)ゞえへへっ♪

・・・ま、高雄現地集合ツアーもあるにはあったんですけどね。
言葉はともかく、自分で高鉄のチケットを手配するのが面倒だった
だけなんですr(^^;)ハハッ

今回は、運転手さんの計らいで乗車中の喫煙もOKにしてもらえました♪



蓮池潭の龍虎塔へ...((((o* ̄-)oぶ~ん

こんな感じですρ( ̄∇ ̄o)
高雄4


何故か真っ直ぐではなく曲がりくねった橋を渡って、塔への入口に
なる龍の方へと向かいます。

龍の入口ρ( ̄∇ ̄o)
高雄5


なんでも台湾では龍は良い動物で虎は悪い動物だそうです。
だから大きく開かれた龍の口から入場し、虎の口から出ます。

ここを通過するだけで「今までの悪事が全て無かった事になる(^^)/」
と、ガイドさんからの説明もありましたね(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

龍側の塔の最上階まで上がってみると、蓮池譚の様子が一望出来ます。
残念ながら、ameiが利用した時は湖の工事中で水が抜かれていました。

こんな感じでしたねρ( ̄∇ ̄o)          龍と虎のお尻から激写っρ( ̄∇ ̄o)
高雄6 高雄7



高雄の忠烈祠(ぞぉんりーす)へ...((((o* ̄-)oぶ~ん

こんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
高雄8


台北とは全然違った雰囲気で、観光客はamei達のみ。

軍隊の交代儀式はおろか、警備すらやってませんでした。
のんびりした雰囲気で内部までゆっくり見ることが出来ましたよ。

山の上だったのでこんな景色もρ( ̄∇ ̄o)
高雄9


何気に涼しそうな雰囲気ですよねっ!

実際には、前日までの夕方から急に始まるスコールばかりの台北に
比べめちゃ快晴で、ものすご~く暑い高雄観光でした( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ



昼食の為に某ホテルレストランへ...((((o* ̄-)oぶ~ん

飲茶をのワゴンサービスもある飲茶ブッフェでした。

好みのお茶を選んで、3人1卓でおしゃべりしながらのランチは
楽しかったです。一緒に回った方が定年を過ぎた老夫婦で前日に
ツアーにねじ込んでもらったameiにも、優しく気さくな方達で助か
っちゃいました。本来なら専任ガイドさん付きでご夫婦だけの観光
をしていた訳ですから・・・



ゆっくり昼食を楽しんだ後は85大樓へ..((((o* ̄-)oぶ~ん

ここは、なんて言ったらいいのか・・・
高雄金典酒店内にある74階の展望台だったんですよ。

HP上では85大樓(85 SKYTOWER)=85階ビルになっていました(´A`)

今から11年前に作られたそうなんですが・・・全体的には古さを
隠しきれない展望台でしたね。それでも建てられた当時は、世界一
の高層ビルだったらしいです┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

1階のチケット売り場で入場券を購入→エレベーターへ→73階到着→
階段で1階分上がり展望台到着です。

この移動も含めて、専門の係員が全然居ない展望台で入場券のチェック
すら無しでしたねΣ(- -ノ)ノ エェ!?

74階の展望台の様子ρ( ̄∇ ̄o)
高雄10


綺麗だけど・・・綺麗だけど・・・古っくさ~い感じがしますよね。
一応、今現在のビルの高さは世界9位だそうです。
でも、観光客はamei達を除き数人いた程度でした(T∇T)アハハ

でも、こんな感じの展望台でも景色は別物っ( ̄▽ ̄)b
お天気に恵まれていたお陰で、高雄市内の景色が綺麗に見えました。

高雄の景色1ρ( ̄∇ ̄o)
高雄11


高雄の景色2ρ( ̄∇ ̄o)
高雄12


高雄の景色3ρ( ̄∇ ̄o)
高雄13


高雄金典酒店内85大樓HP:http://www.thesplendor-khh.com.tw/ 

↑最初にトップページが開いたら、
中文→酒店簡介→85 SKY TOWER→日本語の順で開くと
日本文になりますε=( ̄。 ̄;)

入場チケット 大人一人100NTD(ツアー代金に含まれていました)



次は免税店へ..((((o* ̄-)oぶ~ん..(^_^?)ん?

す~っかり忘れていたんですが、この手のツアーにはお土産物屋さん
もしっかり組み込まれているもんだった事をこの時点で思い出しましたよ。

でも、参加者3人共・・・
誰も何も購入せずに免税店を後にしましたが(≧m≦)ぷっ!

ameiはともかく、老夫婦は前日のツアーに組み込まれた免税店で
しこたまお土産を購入しちゃっていたそうです。



気を取り直して、澄清湖へ..((((o* ̄-)oぶ~ん

九曲橋ρ( ̄∇ ̄o)
高雄14


先ほどの龍虎塔と同じく、湖の一部に掛かった九箇所に曲げた橋
でした。意味は・・・ガイドさんが話してくれたいたんでしょうが
忘れてしまいましたね( ̄^ ̄;)???

この九曲橋を渡り、少しだけ澄清湖の湖畔を少しだけ散策。湖全体
が大きい為、途中から車で移動でした。

忠霊塔ρ( ̄∇ ̄o)
高雄15  内部の階段で最上階まで
  上がる事が出来ます。


  この高雄ツアーに参加して
  1日に龍虎塔とこの忠霊塔の
  最上階まで階段で昇り降りを
  した為、台北に戻った夜には
  既に筋肉痛気味でした(>_<)


  実は、この時点で台北行きの
  高鉄の出発時刻まで、まだ
  1時間もあったんです。
  ガイドさんに
  「ここで40分過ごして下さい」
  と言われた時には・・・・・・・
  固まってしまいましたね。



結局、老夫婦と相談してこの塔を終了して冷房の効いた左営駅内で
出発時間までのんびりする事にしました。

ツアー参加人数が少ないから出来たリクエストですよね♪

入場チケット 大人一人100NTD(ツアー代金に含まれていました)



高雄 左営駅へ..((((o* ̄-)oぶ~ん

この左営駅は台湾高鉄が開通するのに合わせて出来た、新設の駅。
駅内部を見ても明るく、綺麗でした。

こんな感じですρ( ̄∇ ̄o)
高雄16


自動改札を通過したエリアはこんな感じρ( ̄∇ ̄o)
高雄17


駅内にはスタバや7-11やモスバーガー、小さいながらも本屋さんと
お土産物屋さんがありました。ameiは左営駅がゆっくり見学出来て
嬉しかったですね。

台北から左営駅まではエコノミー平日片道1190NTD(休日1490NTD)。
でも、左営駅では自動販売機で平日購入すると36%引き~の割引
サービスもやっていましたね(o≧▽゚)oニパッ

今回は、全く土地勘の無い高雄の下調べをするのが面倒でツアーに
してしまいましたが、次の訪台の際には自分で高鉄のチケットを購入し、
別の現地集合高雄ツアーも経験しても楽しいかも(≧∇≦)キャー♪
と、思っちゃいましたね。初高雄観光は十分満足でした♪



余談ですが、この高雄ツアーの時amieのデジカメのバッテリーが
朝の時点で20分しかない状態でした( ▽|||)

前日、ホテルで充電した時に気づいてなかったんですが、台北の
コンセントの形って微妙~に、日本とも中国とも違っているんですね。

台北のコンセントの形ρ(×_×;)
高雄18


↑微妙に違うのが分かりますか?
何気に左の方が大きい差し込みになってて、上手く引っかかって
くれないとameiの様に1日のツアー中ずーとデジカメで、

撮ったらすぐに閉じる(ノ_-)

を、ひたすら繰り返す事になっちゃいますよ( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ
コンセントの形が違う旅先では、充電の確認は必須ですね。

それでも、なんとかなったから良かったんですケドねε=( ̄。 ̄;)

では、次回は②の九イ分(じゅうふん)・金瓜石・基半日ツアーの
事をご紹介しま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
デジカメの充電確認ミスはよくあるよねぇ~とameiの心情を分かって
下さった優しい方、クリックお願いします。

番外編 台北旅行記♪その8 

昨日の雨の影響か涼しい快晴になった珠海です。
とうとう、8月なんですね。あと1週間でオリンピック開幕ですよ。



さて、まだまだ続く台北旅行記なんですが、今回は観光のこと。

1週間滞在中に台北市内観光名所を少々と、現地ツアーも2カ所申し
込みをしちゃいました。

ameiの場合、一人で滞在していると折角の旅行先なのにめんどくさ
がって、1日の計画も立てずに客室で引きこもりをしてしまう可能性も
ありますから・・・(;一_一)

この現地ツアー情報が欲しくって、地元観光情報誌も一応チェック
してみたんですが、結局事前に購入してあった台北情報誌と台北ナビ
に紹介されていたツアーをお願いする事になっちゃいましたね。

・・・現地観光情報紙のツアーの内容の方がお値段高めでしたね



先ずは市内観光編として、おしゃれなお買い物スポット

微風広場(ブリーズセンター)

高級ブランドショップが沢山入った、ショッピングモール。

館内には高級ブランドショップの他にも百貨店・映画館・高級スーパー
・無印良品・東急ハンズ・ソニプラまで入っている、台北マダム御用達
のゆったりしたショッピングモールでした。

ま、厳密に言えば観光地とは言えないんですが・・・

こんな感じρ( ̄∇ ̄o)
台北観光1


ameiの目的は、
台北最大の日本書籍を扱う紀伊国屋書店(*≧▽≦)ゞえへへっ♪

本好きで香港に行かなければ日本の本なんて手に入らない、珠海
在住のameiには、どうしても5Fの紀伊国屋を訪れるのは外せない
ポイントでした。

すっごい大きな本屋さんで香港のそごうなんて目じゃない程の品揃え♪
こんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
台北観光2


エスカレータで5Fまで上がった全面の約半分の面積で日本書籍
扱っていた程ですから!(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪

お値段は香港より若干安め程度でしたが、この充実さを見ただけで

台北に住みた~いo(≧◇≦*)o

と、つい思ってしまう程でした。
(台湾在住の独身者の方、いつでも嫁に行きま~す(^o^)ヾ(-_-;)オイオイ)

台湾の本屋さんでは、ちょっと日本では見られない風景も目に出来ます。
と言うのも、購入前に立ち読みが圧倒的に多いのは変わらないんですが、

○書籍を片手にノートを開き床に座り込んで書き写してたり(^_^?)
○立ち読みではなくどっかり床に座って座り読みしていたり(ーー;)
○書籍は無視、ただ床に座って友達とおしゃべりしたり・・・(;一_一)


と、一風変わったのんびりしたムードr(^^;)ハハッ

松高路沿いの台湾で一番有名な書店「誠品 信儀旗艦店」にも滞在中に
行きましたが、やっぱり同じ光景でしたね。

この誠品店内にはベンチまで沢山用意されいる程で、座り読み習慣は
台湾では当たり前の事なんでしょうね。

微風広場(ブリーズセンター)

住所:台北市復興南路39号
営業時間:スーパー9:00~21:30 デパート11:00~21:30(曜日により変更有)
最寄り駅:MRT忠孝復興・忠孝敦化駅から徒歩5分程度




さて、次はアジア一の高さを誇る台北101

こんな感じのタワーですねρ( ̄∇ ̄o)
台北観光3
  残念ながら、現在はドバイに
  もっと高いタワーが完成して
  しまった為世界一の高さでは
  無くなってしまったらしいです。
 

  地上101階+地下5階建ての
  アジア一の超高層ビルです。


  全体的に見ると8層に区切られた
  逆台形が八を縁起の良い数字と
  考えている中国文化のこだわり
  のタワーだそうですよ。

  実は、これでも
  結構遠目からの写真なんです。



もっと近場からの状態だと、こんな感じですρ( ̄∇ ̄o)
台北観光4


入口の様子ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光5


ここから入ってB1~5Fまでは、カジュアルブランドから超高級ブランド
ショップが集合した高級ショッピングモールになっています。

こんな感じなんですよρ( ̄∇ ̄o)
台北観光6
  展望台まで行くには
  エスカレータで5Fまで
  昇って行くんですが、
  200店舗もある吹き抜けの
  ショッピングモール内には
  エスカレータや橋が各所に
  点在してて、ふと気がつくと
  迷子になりそうな感じでした。


  ameiが利用した時期は
  夏のバーゲンの真っ最中!
  

  でも、
  免税店の様な喧噪はなく、
  落ち着いた雰囲気でしたね。


  
  
一番5Fまで昇りきった状態ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光7


5Fの銀行フロアまで上がりきるとようやく展望台の入口に到着します。
こんな感じの入口ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光8


入口から入った右手にあるチケット売り場ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光9


大人一人400NTDで購入出来ます。
もちろん、受付では中国語の他に日本語・英語が通じますよ!

展望台のある89階まで一気に昇るエレベータはなんと37秒で到着。
世界最速エレベーターらしいです。

エレベータに乗り込むまではアミューズメントパークと同じ様に並んで
待つんですが、あまり大きな荷物を持ったお客様には、手荷物を
ロッカーに一時預ける必要もあります。一旦並ぶ前に、チケット
提示をして手荷物検査を受けてから並びます。エレベータに乗込む
前にもX線の検査機をくぐってからようやくエレベータに乗る事が
出来ます。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、今の世界情勢を考えれば
この危機管理の徹底はむしろ安心感にもなりますよね。

係員の案内でエレベータへ。

エレベータ内では、
移動中のほんの数秒消灯され天井に映された星空を眺める事が
出来ますよ。

展望台へ到着。

ameiはこの台北101、一人で滞在中に1回、友人のリクエストでもう1回と、
実は2回も利用しちゃったんですが、この高さからの夜景は2回行っても
飽きない程の綺麗さでしたね。

展望台内では日本語の無料音声ガイド機もあったんですが、夜景だった
ので結局2回とも借りず仕舞いでした。日中に訪れるならガイド機の案内
を聞きながら景色を楽しむ方が良いんでしょうね。

ガイド機のレンタルは
パスポートの提示か1000NTDを預ければ、貸し出ししてもらえるとの事。

ではでは、89階・地上から約382mの台北の夕焼けと夜景の様子

夕焼け1ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光10


夕焼け2ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光11


夕焼け3ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光12


夜景1ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光13


夜景2ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光14


階段で88階に下がると世界最大の風対策様マスダンパーも間近に
見る事が出来ました。こんな感じですρ( ̄∇ ̄o)
台北観光15


マスダンパーとは対高層ビル用の風揺れを防ぐ機械?で、この
台北101のマスコットキャラクターのモデルにもなっていました。
もちろん、この銀色のダンパーベイビーの前では記念写真撮影が沢山
されていましたよ。(他にも赤・黒・黄色い子もいます♪)

彼らの日本語プロフィールρ( ̄∇ ̄o)
台北観光16


更には、階段で91階まで上がって屋外展望台にも行けますよ。

新年のカウントダウンには、この台北101の大花火が打ち上げられて
すごいかっこいい仕掛けになっているみたいです。
一度くらいは年末に台北101の見えるホテルを予約してみたいな・・・

台北101(たいぺいいーりんいー)

営業時間:10:00~22:00
台北101HP:
http://www.taipei-101.com.tw/



今回の台北市内観光で、一番普通の観光地だったのがここ
忠烈祠(ぞぉんりーす)ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光17


何気に正面入口は、思いっきり道路に面した場所だったので真正面
からの写真が撮れませんでした。

↑は正面入口の裏側です(≧m≦)ぷっ!

ここは日本のツアー客なら必ず立ち寄る場所としても有名ですよね。
ameiは友人のリクエストだったから行ったんですが・・・(;一_一)

この忠烈祠は正面の大門牌樓と奥の大殿に台湾軍兵士が各所2名ずつ
警備してて、毎正時に交代儀式がある事でも有名です。
奥の大殿の様子ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光18


正直ねぇ~、このツアー観光客ってのが一番うざかったんですよ。
ameiの様に個人でこの忠烈祠を利用していた観光客ってば、ほんと
少数派でした( ̄- ̄;)

交代儀式の20分程前に到着したameiは、忠烈祠の閑散とした状態
ゆったり観光出来ると思っていたんですよ。

でも、交代儀式の時間寸前にはツアー客のバスが続々到着Σ( ̄[] ̄;)

もちろん、日本人観光ツアー客もいたんですが、
戦没者を祀ってるうんぬんかんぬん・・・一切無視( ▽|||)

交代儀式の兵隊さん達の邪魔になるのでは?!と思ってしまう程の
近距離で儀式の最中ずーーーーーーーーーーーっと憑いてまわって
いましたからε-(ーдー)ハァ

ちなみに、交代儀式は正面の大門牌樓と奥の大殿の間の長い直線
距離を20分かけて行うんですよ。

こんな状態ですよρ(-_-+)
台北観光19


もう少し遠慮して、遠巻きに見学するものと思ってましたよameiは。

大殿側の様子ρ(-_-+)
台北観光20


最後、正面の大門牌樓で交代儀式が終了と同時に、さっさとバスに
乗り込んでいる姿は、ほんとに観るだけの状態でしたから(ー_ー#)ムッ

確かに、誰も見ていない交代儀式は寂しい感じもするんでしょうが、

「参拝しろとは言わないけど、綺麗な建物位見ても良いんじゃね?」

と、思う程観点要所のみ重視なツアーばかりでしたね。

ともあれ、交代儀式はビデオを回す価値のある程、軍で訓練された
動きで見応えは十分でした。重い軍靴をガシャーン×3と鳴らしながら、
銃をバトンの様に回したり、投げ渡ししたり、脇から肩へとガシャン
ガシャンと鳴らしながら立てたり・・・の20分間でした。

忠烈祠(ぞぉんりーす)

住所:台北市北安路139号
時間:9:00~17:00
交代儀式:9時から毎正時(00分)、最後のみ16:40~
拝観料:無料



ここも有名だけど、あまりご縁のない場所かも・・・
迪化街(でぃふぁじぇ)ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光21


いわゆる乾物街ですね。ここではお買い物の他に、台北で昔から
有名な台湾スイーツ店「古早味豆花」にも行きました。
お豆腐のデザート豆花(とうふぁ)の老舗店です。

こんなお店ですねρ( ̄∇ ̄o)
台北観光22


愛玉(あいゆい)ρ( ̄∇ ̄o)
台北観光23


愛玉子(あいゆいず)という名の瓜みたいな植物の棘?繊維?から
作られたゼリー。

レモン味さっぱりしたシロップで美味しかったですよ♪

なんでも暑さを取り除き、調整作用まである優れ物なデザートだった
らしいです。さすが美容効果デザート豊富な台湾スイーツですよね。

古早味豆花

住所:台北市民生西路210号(寧夏路口)
電話:02-25581800
営業時間:10:00~26:00


では、ま~た長くなってしまいましたので、今回はここまでで。
次回は台北市内以外の観光地のことをご紹介しま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
本屋さんが充実した台北。でも利用客ののんびりムードにはちょっと
びっくりされた方、クリックお願いします。

番外偏 台北旅行記♪その7 

今日の珠海気象の発表では最高気温34℃、天気炎熱(てぃえんちー
いぇんるー)=ひどく暑い(οдО;) エェ!?
になっていましたね。

確かに外出している時には、肌がチリチリする程の暑さでした。



さて、今回は台北旅行記はマッサージと小籠包の事。

どちらも台湾に旅行に行った時には、外せないアイテムですよね。

先ずマッサージなんですが、ameiが滞在中に3回利用しました。
内、2回は実は同じ按摩屋にしちゃいました(*^ー゚)b

台北市内のマッサージは、日本から比べれば若干安い程度、珠海から
比べれば恐ろしく高い( ▽|||)マッサージになります。

今、ameiが気に入っている珠海の按摩屋だと
全身2時間50RMB~70RMB程度ですからねぇ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

台北のマッサージは大体60分/1000NTD(約250RMB)が普通でしたね。

ameiのずれた感覚は置いておいて(;一_一)・・・

折角の旅行なので普段よりも気持ちいい按摩を受けたい!と、利用
したのは士林夜市に近い「飛来発」の士林1館

店の看板に大きな足裏のツボ描かれたお店でした。

ここの按摩は、すっごーーーーーーーーく良かった按摩屋でした。

他のお店に比べて、安価で技術も上手く施行が終わった後には足が
一回り小さくなった感じすらしちゃいましたから( ̄▽ ̄)b グッ!

もちろん、滞在中2回利用したのはこのお店です。

お店の様子ρ( ̄∇ ̄o)
飛来発1


これは浴足と脚底按摩をしている場所ですね。

値段表ρ( ̄∇ ̄o)
飛来発2


↑の写真ではちょっと値段が分かりづらいかもしれませんが、ameiが
利用したのは半身(30分)+脚底按摩(30分)+浴足SPA(10分)で
800NTD
(約200RMB)でした。

日本語メニューはもちろん、日本語の分かる技師も沢山いましたよ。

この飛来発の良かったのは、脚底按摩の後、半身按摩はベットに移動
して中医推拿ばりの筋を揉みほぐす施行をしてもらえます。

だった30分間にも係わらず、凝った部分が解消される程ベテラン技師
ばかりだったんです。メニューには半身とありますが、全身マッサージ
をちゃんとしてもらえましたよ。

もし、台北に行かれる機会のある方は、この士林の
飛来発まで足を伸ばしても損は無い!と思いますよ(o≧▽゚)oニパッ

飛来発 士林1館
住所:台北市士林区文林路143-151號
電話:02-28814582
営業時間:24時間 年中無休


もう1件利用したのは、宣美飯店から徒歩15分程の場所にあった按摩屋

脚底按摩50分で990NTDだったんですが、ここで施行してもらった翌日
には全身筋肉痛になる程、良くないマッサージでした。

すっごく綺麗なお店だったんですが、日中の観光疲れも全く取れない
状態で翌日歩くのが大変でした( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ

マッサージの技術は・・・

珠海の按摩小姐と差不多(ちゃぶどー)=似たり寄ったり(;一_一)

確かに、階段の上り下りを沢山した1日だったので、翌日の辛さは
按摩屋だけの理由では無かったんでしょうが、お値段高い割には
満足感全くゼロでした。

ま、ホテル近くの店がこんな状態だったので、最終日前日には確実に
疲れを取ってくれる「飛来発」までタクシーで行っちゃったんですケドね。



さてさて、今回ameiが台北旅行で楽しみにしていたのが小籠包のお店

今回は、ameiが美味しく食べられた2軒を紹介します。偶然にも、
どちらのお店も長春路沿いになってしまうんですが(*≧▽≦)ゞえへっ♪

先ずは、日本のガイドブックでも有名な「京鼎樓(じんでぃんろう)」

こんな感じのお店ですρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓1


店内の様子ρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓2


お店の入口入って直ぐ左側では職人さん達がガラス張りの厨房の中で
点心を作っている様子を見る事が出来ます。

テーブルは入口から一番奥にある階段で地下に下りて行きます。

注文伝票ρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓3


注文はこの伝票に自分で欲しい数量を記入して、服務員に渡します。

テーブルセットρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓4


この針生姜を予めくれるサービスが嬉しいですよね(≧∇≦)キャー♪
珠海ではなかなか無いんですよ(ノ_-)もちろん、テーブルには醤油・
酢・ラー油など小籠包に必要なアイテムが用意されていました。

小籠包160NTDρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓5


小籠湯包280NTDρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓6


実はこの小籠湯包(しゃおろんたんぱぉ)は、小籠包のスープ無し
バージョンで、一緒に出された錦糸玉子の入った↑のスープとレンゲ
の上で一緒にして食べる小籠包なんです。

ちょっとスープがあっさりしすぎでしたが、スープ味に飽きたら
普通の水餃子の様にお醤油でも食べられちゃいます。

烏龍茶小籠包180NTDρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓7


この烏龍茶小籠包、生地にも中の餡にもたっぷり烏龍茶エキス?が
練り込んであり、熱々の間が一番美味しく食べられます。実は↑の
2つの小籠包より味がしっかりついてて一番美味しかったです。


でも・・・冷めると烏龍茶の苦さが強調されて来るので、熱々の内
に食べきる方がお薦めです。

酸辣湯(小)80NTDρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓8


ameiが好きな酸辣湯(すわんらーたん)残念ながら、このお店の酸辣湯
はあまり辛さも酸っぱさも無く、普通のスープって感じでしたね。

炒空心菜140NTDρ( ̄∇ ̄o)
京鼎樓9


京鼎樓 長春店
住所:台北市長春路47號
電話:02-25236639
営業時間:11:00~14:30 17:00~24:00(日曜日のみ22時クローズ)




もう1軒の小籠包のお店は京鼎樓より中山北路二段に近い「金品茶樓
(じんぴんちゃーろう)」


このお店はまだ今年3月にオープンしたばっかりの新しいお店だった
んですが、店舗の入口には日本の高級デパートでも取り扱われている
「金品茗茶」の試飲・販売もされているお店です。

こんな感じのお店ですρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓1


入口から入った直ぐの様子ρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓2


店頭がガラス張りになっており、こんな感じで金品銘茶の缶が沢山
並べられていました。もちろん、お買い物だけで利用するのも、試飲
するだけでも利用出来ます。

店内の様子ρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓3


レストランの奥にはガラス張りの厨房があり、職人さん達が点心を
作っている様子が見る事が出来ます。

このお店ではメニューで注文します。
もちろん日本語表示メニューもあり、日本語を話せる服務員もいましたよ。

テーブルセットρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓4


↑の写真には既に醤油が入っちゃってますが、針生姜だけが入った
状態でサービスされます。服務員の小姐が親切にも小籠包向けの醤油
と酢の分量を教えがてら、そのまま入れてくれました。

小籠包ρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓5


す、すいません。メニューで注文だったので正式な料理名と値段が
全く分かりません。このお店の小籠包はあっさり、すっきりな味
だった印象があります。

蟹肉入り小籠包ρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓6


↑の小籠包の蟹肉バージョンですね。中に黄色いスープが入ってる
んですが、写真では分かりづらいですね。

キノコと銀杏の炒め物ρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓7


酸辣湯ρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓8


このお店の酸辣湯もamei好みの「しっかり辛くって酸っぱい」ではなく
ちょっと辛いだけのあっさりスープでした。台湾人って辛酸っぱいの
強烈な味が苦手なんでしょうかね・・・?

台湾ビールρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓9


なんと、このお店の台湾ビールがameiの台北旅行中最初で最後のビール
でした。一緒に飲める相手が居ないと全く飲まないんです・・・

追加の針生姜ρ( ̄∇ ̄o)
金品茶樓10


食事をしている最中に出してもらえます。
生姜好きにはたまらないサービスです( ̄▽ ̄)b グッ!

もちろん、生姜好きなameiは
沢山使って美味しく食べさせてもらいましたよ(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪

この金品茶樓では、全体的にあっさりした味でしたね。だからって訳
でもないんですが、小籠包2種類は完食でした♪

レストランを精算してから、まだ予定の時間よりゆとりがあったので
店頭の金品銘茶でも色んなお茶を試飲させてもらっちゃいました。

金品茶樓 長春店
住所:台北市長春路16號 
電話:02-25117506
李業時間:11:00~14:00 17:00~21:30


実は、この紹介した2軒の小籠包のお店は台湾で有名な鼎泰豊(でぃん
たいほん)で修行をした職人さんのお店だったんですよ。台湾の鼎泰豊
は並ばないと入れない程人気で有名ですからね。

以前の台北旅行で既に利用した事があったので、今回の旅行ではあえて
鼎泰豊には行きませんでした。

どちらの店も小籠包の味は違えど、美味しく頂く事が出来てameiは
大満足でした♪( ̄¬ ̄)じゅる

ってことで、またまた長くなってしまったので今回はこの辺で。
珠海最新情報があれば随時入れていきますが、まだまだ台北旅行記も
続きま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ)) <長っっっ!

ランキング参加中!
やっぱ台湾旅行の楽しみはマッサージと小籠包は外せないよねぇ~!と、
amei同様思っている方クリックお願いします。

番外編 台北旅行記♪ その6 

快晴が続く珠海です。

日焼け止めを塗っても塗っても、露出した部分の肌が真っ黒になって
しまうameiです(ーー;)まぁ、毎年の事なんですがね・・・

今年に入り、色々ビザの規制が厳しくなっている中国なんですが、今後
珠海で新規のZビザを取得する為には、新たに「無犯罪記録証明書」
の提出が義務づけられました。

現行の珠海出入国管理局では

*FビザからZビザへの切り替え不可

*新規Zビザの申請には、一旦日本へ戻り在日中国大使館(領事館)で
一回入国可能なZビザ(申請には約3日間必要)と地元警察の鑑識課で
無犯罪記録証明書(申請には約2週間必要)


と、新たに面倒な申請が増えました。

現状のameiの様に同じ会社で継続手続きをする場合は、従来通りの
手続きで済むらしいのですが、もしも転職する時は面倒になりそう
ですよね( ▽|||)

もちろん、この規制は広東省内の各市によって異なりますので、新規
申請をされる予定の方は、各市の出入国管理局で確認して下さい。



さて、今回の台北旅行記は台湾観光では外せない?夜市の事です。

ameiは1週間の滞在中に、4カ所の夜市に行ってきました。
台湾のタクシーは物価の割に安価なので、今回の旅行での移動はタクシーに
しちゃってましたね。もし、夜市の住所の間違いがあったらご容赦下さい。

一番有名なのは、士林夜市(すーりんいぇすー)ですかね。

この士林夜市は、全天候型の食べ物屋台ばかりが入った美食夜市と、
信号を渡って文林路沿い・大東路沿いに出店されている屋台やお買物
メインになったシティージャングル等かなり広い範囲で楽しめました。

にしても、広いのに加えて人出の多さはちょっと・・・( ▽|||)

案内してもらった台湾人曰く、この夜市は「観光客ばかりが利用する
夜市で自分達は普段来ない」とのことでしたね。

ってことで、まずは士林美食夜市はこんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
士林1


屋台と屋台に挟まれた狭い通路に人が絶えず通行しており、ちょっと
でも人気の屋台の前だと、何を扱っているのかすら確認出来ない程
通路が渋滞になっていました。ρ( ▽|||)
士林2


ざっと見た感じでは、焼き物と揚げ物のお店が多かったですね。

各屋台の後ろや横にテーブルが置いてあるので、直ぐに食べる事が
可能でした。

こんな感じですρ( ̄∇ ̄o)
士林3


注文したのは、鶏肉と小さな牡蠣とエビの入った総合煎ρ( ̄∇ ̄o)
士林4


まぁ、オムレツみたいなものですね。味はボチボチって感じでした。

皆でシェアーした台湾の天ぷらρ( ̄∇ ̄o)
士林5


見た目はともかく、2枚までなら美味しく食べられましたよ。
ameiはどちらかと言えばオムレツより、こっちの天ぷらの方が美味し
かったですね。

仲の良い友人と一緒に各店で一皿一皿色んな料理を試すのが、楽しく
利用出来る方法らしいです。



さて、士林美食夜市を出て信号を渡って数百メートル先の文林路沿い
の方に移動しました。こちらの方がもっとすごい人出で、今自分が何処
を歩いているかも分からない程でしたよ。

通常の歩道の真ん中まで使って出店していたり、まとまった空間に数店
もの店がひしめきあってて、小さいエリアに沢山のお店がごちゃごちゃ
出店している感じでしたね。こんなでしたρ( ̄∇ ̄o)
士林6


もちろん、屋外の屋台なんですが商品を購入すれば通行の邪魔にならない
場所にテーブルを作ってもらえます。

座ってしまえば、別の屋台から食べ物を購入してそのまま食べてても
文句は言われません。

文林路沿いの屋台で購入した焼き餃子ρ( ̄∇ ̄o)
士林7


生煎包(肉まんや野菜まんを焼いたもの)を買って一緒に食べてました。

芒果雪花冰ρ( ̄∇ ̄o)
士林8


日本の様な氷に練乳をかけたかき氷ではなく、練乳味の氷をかき氷に
した食感ふわっふわのかき氷です。かき氷と言うよりはアイスクリーム
の方が感覚に近いですね。頭キーンもしないしっ!

旬のマンゴがフレッシュで甘くすっごく美味しかったですよ( ̄¬ ̄)

士林夜市
住所:MRT剣譚駅前 時間:16~24:00頃まで




次は、2番目に宿泊した宣美飯店から徒歩10分ほどにある遼寧路夜市
(りゃおにんるーいぇすー)
です。

この夜市はホントに小さい商店街の様な場所でした。
こんな感じですねρ( ̄∇ ̄o)
遼寧1


こんな感じで鮮魚が店先においてありましたρ( ̄∇ ̄o)
遼寧2


この食材の中で好きなものを選び、好きな調理法で料理してもらえる
お店が殆どでしたね。

残念ながら、食事はしませんでした暑い日に台湾式かき氷を食べ
てみました。

店先はこんな感じρ( ̄∇ ̄o)
遼寧3


台湾スイーツが沢山並べられた中から、好きなデザートを4品選び、
上からかき氷を盛りつけると・・・

こうなりますρ( ̄∇ ̄o)
遼寧4


上に掛かった黒いソースは黒密味でした。食べ進んでいくと自然に
中のスイーツが冷やされ、外の暑さが少し緩和される気がしましたよ。

普通に車で買い付けに来て、ドライブスルー状態で持ち帰る姿もあり
うっかりしていると車やバイクにぶつかってしまう普通の道路での夜市、
寧夏路の1ブロックの一直線の道路の左右にお店が展開しているだけ
でしたが、雰囲気は台湾庶民向けの夜市って感じでしたね。

遼寧路夜市
住所:台北市寧夏路 時間:18~24:00
(お店によっては3:00頃までも。日中でもデザート屋さんは開いてました)




さて、次は饒河街観光夜市(らぉふぉじぇぐあんぐあんいぇすー)

ameiが利用した台北の夜市の中で最も古く約400mの一本道にお店が
並ぶ夜市でした。派手に飾られた門が一番印象的でしたね。
こんな感じですρ( ̄∇ ̄o)
饒河1


この饒河夜市はameiのイメージでは香港の女人街に似た雰囲気で、
道路に屋台が出て、ゲーム屋さんもあればバックや洋服屋さんも
あると思えば、食べ物屋さんがあると、何が出てくるかがびっくり
箱状態でしたね。

夜市の様子ρ( ̄∇ ̄o)
饒河2


屋台をひやかしつつも、食べ歩き出来る夜市でした。

ameiが一番最初に目に付いたのがこのお店ρ( ̄∇ ̄o)
饒河3


チーズのフライ屋さんです。
全部で7種類の一口サイズのチーズをその場で揚げてもらえます。

この時は、全種類を1つずつ揚げて100NTDの交渉が出来て、友人と
全てのチーズフライを半分個しちゃいました。

完成品は袋にいれて受け取りますρ( ̄∇ ̄o)
饒河4


めちゃくちゃ熱いけどウマ~( ̄¬ ̄)じゅる

他にも、チョコフォンデューのお店ρ( ̄∇ ̄o)
饒河5


よく高級ホテルのバイキングで使われているチョコフォンデューが
ショーケースの横にあり、欲しいフルーツの串を選んでコーティング
してもらう事が出来ます。

ameiは無難にバナナとマシュマロにアーモンドクラッシュのトッピング
したんですが、普通に美味しかったですよ(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪

焼き餃子もρ( ̄∇ ̄o)
饒河6


日本のドラマのDVDも販売していましたρ( ̄∇ ̄o)
饒河7


1クール分で1セット180NTD=45RMB・3セット500NTD=125RMBですね。
やっぱり台湾の方が同じDVDでも珠海より高いですね。

最近のameiは1クールを20RMB程度で購入してますから・・・( ̄0 ̄)/

あと、この饒河夜市で有名な胡椒餅ρ( ̄∇ ̄o)
饒河8


ドラム缶の内側に濡らした胡椒餅を貼り付けて、カリカリになるまで
焼き上げて↑な状態で袋に入れてもらいます。

焼き上がるまでの数分間、有名な屋台であろう前には列が出来る程
人が集まっていました。ameiも試してみたんですが、ちょっと中華
慣れしていない人には香辛料がきつく感じるかもしれませんね。

饒河街観光夜市
住所:台湾鉄道 松山駅近く 時間:17~25:00頃




最後は、
台北市郊外にある基廟口夜市(じーろんみゃおこぅいぇーすー)へ。

台北駅から電車で約30分程の距離にある港街基。ameiが到着したのは
夕方17時前頃だったと思いますが、既に全ての屋台がオープンしてて、
結構な賑わいでした。

この夜市は殆どが食べ物屋さんでしたね( ̄ー ̄)b

こんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
基1


ずらっと並んだ黄色の提灯が印象的ですよねρ( ̄∇ ̄o)
基2


明るい時間でも結構な人出ですρ( ̄∇ ̄o)
基3


ameiが買い食いした地瓜球ρ( ̄∇ ̄o)
基4


・・・直訳すればさつまいもボール。美味しかったんですが、実は
中身が空っぽだったんですよ( ̄- ̄;)

フルーツ屋さんもρ( ̄∇ ̄o)
基5


ameiが見る限り、珠海のライチよりも粒が大きかったですね。
折角、日本から友人が来ていたので、本場のライチも購入しました。

他にも、海沿いの街のせいか屋台のお寿司屋さんで、握りを作って
いたりもありましたね。

日本の大学いもと殆ど同じ拔絲地瓜(ばーすーでぃぐぁ)もあったので、
これももちろん購入しちゃいましたね。

・・・って、この夜市ではイモしか買ってませんねぇ(-"-;)

基廟口夜市
住所:西部幹線 基隆行きの終点 時間:夕方~24:00頃


今回は4カ所の夜市を紹介しました。中々、台湾人の好きな○○麺とか
魯肉飯などにチャレンジ出来ませんでしたが、日本のお祭りの様な
雰囲気の夜市は楽しかったですよ(o≧▽゚)oニパッ

また、台湾に行った時には

別のメニューにもチャレンジしてみたくなる

そんな雰囲気いっぱいでした。

では、すごーく長くなってしまったので今回はここまでにします。

ランキング参加中!
台北の夜市のお祭り雰囲気が楽しそうと思った方、クリックお願いします。
ameiは殆ど食い倒れ状態でした(*^ー゚)v

番外編 台北旅行記♪その5 

今週になってようやく快晴の日が続いた珠海です。
が、突然大雨が降ってきちゃうのは相変わらずですね。

ここ最近、23時頃にamei宅の上から聞こえてくる大声アカペラを
歌いまくる住人の声に悩まされてますがΣ(-_-+)ピキッ



在広州領事館からのお知らせで、オリンピック間近の中国では、
対外国人に対してパスポート所持の取り締まりが強化されている
とのことでした(ノ_-)

基本的な法律では中国滞在中の外国人はパスポートを常時携帯する
義務があり
、この期間公安当局からの提示を要求された時の不所持
もしくは検査の拒否をした場合、最悪500元以下の罰金になるそうです。

珠海ではそれほど厳しい取り締まりは無いと思いますが、開催期間の
8月8日~9月17日までは注意した方が良さそうですね。

*特にこの期間にビザの申請を出される方は不所持になってしまいます
ので、コピーを取っておいた方が良いでしょうね・・・




さて、今回も台北旅行記のホテル紹介になってしまうんですが、今回で
お部屋の紹介の最終章になります。

余談ですが、ameiのデジカメのメモリーってば1GBしか持って無かった
んですが、1週間もあると2GB近くも撮ってしまうものなんですね。
(ameiのデジカメで設定してあるピクセル数なら1GB=500枚程度ですね)

で、拱北口岸の地下のとあるゲーム機器屋さん(もちろんコピー品)で
旅行後に8GBのメモリーを購入してしまいました。

いやぁ~、つい1年前程に日本で純正1GBを9000円位で「安い~」と思って
購入したんですが、今回珠海で購入した8GBは250元(約3750円)でしたよ。
どんどん安くなっているんですねぇ~(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪



さて、今回は前回と同じ宣美商務飯店のツインルームへのルーム
チェンジです。

一旦、桃園空港に友人を迎えに行き、友人と共にホテルに戻って来て
から新しい部屋のカードキーを受け取りました。

お部屋の入口は、前回のお部屋の様な段差は無かったんですよ(ノ_-)チョット
ザンネン・・・しかし、お部屋はすっごく広かったです。

こんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-1



シングルベットが2つ入ったツインルームです。実はこのお部屋はホテルの
HPでも紹介されていない、日本人御用達?のツインルームでネット上で
台湾の紹介をしている「台北ナビ」でしか予約出来ませんでした。

本来4700NTDの豪華套房(はぉふぁたぉふぁん)=エグゼクティブスイート
(/▽\)きゃ♪が台北ナビで予約して1泊11900円(約3200NTD税サ込)

ちなみにダブルベットでも問題無しなら、ホテルのHPで3000NTD
予約出来るお部屋ですよ( ̄ー ̄)b

このお部屋の最大利点はバスルームが広々しているんですよ。

なんと、こんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-2



でっかいジャグジーバスでしょ!!プラス使い方がちょっと不明
だったんですが、スチームサウナまでついてました。

シャワーブースρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-3



洗面台ρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-4



こんな広々したバスルームは初めてでしたよo(≧◇≦*)oキャー♪

もちろん、普段湯船に浸かる機会が少ないameiはこのジャグジーバス
でTVを見ながらゆったりしちゃいました(≧0≦*)ノ"ォゥ!!

・・・残念だったのがameiが利用したお部屋のジャグジーの噴射口が
6つある内の2つしか満足いく勢いが無かった事ですね( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ

でも、ジャグジーなんて中々利用出来ないので嬉しかったです。



無料サービスの缶ジュースも今回のお部屋では5本に増えてましたよ。

更に、台北ナビで予約したお陰か?フルーツサービスまでありました。

今回ameiが利用した宣美飯店の客室平面図ρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-5



↑写真が小さくって見にくいかもしれませんが、こんなにバスルームが
大きく取られたお部屋だったんですよ!最初に利用したお部屋に比べ
バスルームが3倍はありますよねわぁ…いヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪



さて、この宣美飯店のお部屋代に含まれていた朝食ですが、朝7~10時
だけオープンする朝食専門レストラン
がフロントを背に左側にあります。

このホテルでは、宿泊客のみのサービスになります。でも、内容は結構
充実していましたよ(o≧▽゚)oニパッ

こんな感じのバイキングですρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-6



温ものコーナーですね。
中華がゆや日本人向けの味噌汁とご飯・納豆・漬け物もありました。

そして、玉子料理は服務員にお願いすると裏で別に作ってもらえます。
ameiはこんなオムレツでしたρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-7


聞くところによれば、日本人向けに目玉焼きも作ってくれるそうですよ。

飲み物コーナーρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-8



左からジュース2種と紅茶用のお湯・カップ・珈琲マシーン・パン用の
ウォーマーとトースターです。

パンコーナーρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-9



意外に充実したパンコーナーでしょ!( ̄¬ ̄)食パン2種にサンドイッチ
菓子パン等も置いてある数は少ないですが、種類が沢山あってパン好きな
ameiは嬉しかったです。

更に、充実したサラダ&デザートコーナーρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-10



沢山の種類の生野菜♪一番右は随分寂しい様子になっていますが、
デザートコーナーでカットフルーツと小さなケーキまでありました。

シリアルやヤクルトもっ!!ρ( ̄∇ ̄o)
宣美2-11



シリアル派にも嬉しい充実っぷりですよね。
日本でもおなじみのヤクルトやプリンまでありました。

・・・ameiはシリアル派が利用するミルクだけを紅茶用に持ってくる
のが常です。朝から、フレッシュミルクたっぷりのミルクティー
楽しめちゃいますからね♪

テーブル数は8卓程度でこじんまりしていますが、宿泊代に含まれた
朝食の割には充実していると思いません?(≧m≦)ふふっ!

朝寝坊なameiは、結局5泊中2回しか朝食を食べませんでしたが、
充分満足でした(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪

ってか、普段朝抜きなのでブランチ状態になっちゃうんで・・・

そして、この朝食専用のレストランの奥には喫煙所+パソコンルーム
があり宿泊者には無料でパソコン利用出来ます。

ameiの場合、朝食が済んだ後にバイキングのプリンを持って一服しに
利用していましたね(*≧▽≦)ゞえへへっ♪



と、今回の台湾旅行で宿泊したホテルはこんな感じでした( ̄ー ̄)b

次回は観光などなどをご紹介しま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
日本のビジネスホテルの朝食込みより充実したバイキングかも・・・と思った方
クリックお願いします。台湾は日本より若干物価が安いだけですよ

番外編 台北旅行記♪その4 

昨日から続く雷雨が振ったり止んだりの一日になった珠海です。

ところで最近のネット速度の遅さが、更に増した気がするんですよ(-_-;)

やっぱりこれもオリンピックの影響なんでしょうかねぇ~?・・
パラリンピックが終了する9月17日までは色んな規制が次々作られて
色々と面倒くさそうです。

先日、ameiが不在中の6月30日にオープンした新しい日本料理屋さん
「千尋」に行って来ました。場所は亮珠百貨の3F。和民の下の階です。

ameiが利用した時は、利用客の大半が中国人。むちゃ他の席の声が
うるさい状態でした( ▽|||)日本人は少し遅い時間から、来店して
いましたね。

メニューを見る限りは、他の日本料理屋さんに比べて若干単価が安い
気がしますね。味の方は、まぁまぁと言った感じでした。



さて、今回の台北旅行記はameiが利用した3泊目からのホテル。

日本のガイドブックにはあまり記載されていない、ビジネス向けの
ホテルでしたが、内装も綺麗でサービスも良かったです。

宣美商務飯店(しぇんめいしぇんむーふぁんでぃえん)
の経済房套(じんじーふぁんたぉ)=エコノミールーム

このホテルで一番お安いお部屋で3700NTDがネット予約で
2400NTD(税サ込)でした。

いやぁ~ネット予約って、ほんと安価で便利ですよね♪(*^ー゚)v

最寄りのMRT(台北の地下鉄)善導寺・忠孝新生駅からは徒歩15分ほど
掛かりますが、環状線の建国北路沿いなのでタクシーがいつでも直ぐ
拾える場所でした。

ちなみに台北市内なら、タクシー初乗り70NTDで物価の高い台北の割に
安価です。

このエコノミールームのみバスタブ無しでしたが、お部屋料金に
朝食代も含まれていましたよ。

更にはビジネスホテルの割には観光用の地図や、ameiが欲しかった
台湾の無料日本語情報紙もロビーに置いてありました。



ではでは、お部屋の入口部分ρ( ̄∇ ̄o)
宣美1



↑の写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、一段下がった玄関
部分になっており、日本の玄関を思い出させる造りになっていました。

これはちょっと日本人には嬉しい造りですよねぇ(≧∇≦)キャー♪

ダブルベットρ( ̄∇ ̄o)
宣美2



固めのマットを使ったベットが多い中国生活に慣れてしまって、
ベットマットがふっかふかの柔らかで、ちょっと慣れるのに時間が
掛かっちゃいましたね。

でもameiは親戚のお家で、お客さん用の高級敷き布団を出してもらった
お布団みたいな感覚でちょっと幸せくんでした。掛け布団も羽根布団で
寝心地はとっても気持ち良かったですよ(o≧▽゚)oニパッ

デスク周りρ( ̄∇ ̄o)
宣美



このホテルでも無線・有線LANでのインターネット利用は無料でした。
お部屋に有線LANは常設されていませんが、フロントでお願いすれば
直ぐに持ってきてもらえましたよ。

更に横のサイドボードρ( ̄∇ ̄o)
宣美3



無料のミネラル2本にお茶セット、スナック菓子、↑のTVの下に冷蔵庫が
あるんですが、中はこんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
宣美4



小さい缶ジュースが3本のみ・・・( ̄ー ̄)b

実は、このホテルのお部屋に入っているスナック類やジュース類は全て

無料のサービスなんです(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪

ameiの場合は1人使用だったのでジュースが3本でした。もちろんこの
ジュースは減った分の補充が毎日されます。
ちょっと、普通のホテルより得をした気分になりますよね♪

そして、洗面台とρ( ̄∇ ̄o)          バスルーム(o ̄∇ ̄)ρ
宣美5  宣美6


SPA型ボディーシャワーなんですよ!このホテルのシャワーってば。

何度か目にした機会はあったんですが、ameiはこのホテルで初めての
ボディーシャワー体験をしちゃいましたよ。

・・・ま、結果は水圧が足りなくって普通のシャワーほどの勢いが無く、
横4カ所からへにゃへにゃしたお湯が出ただけでしたが┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

そして、充実したアメニティーがっρ( ̄∇ ̄o)
宣美7



このホテルの何がすごいって、とにかくアメニティーが女性向けで
充実しているんですよ。

シャンプー・ボディーソープ・ボディークリーム・シャワーキャップ
歯ブラシセット・デンタルフロス・ひげそり・くし・綿棒・化粧用コットン
生理ナプキン・ヘアーゴム・ヘアークリップ・爪ヤスリ

もちろんドライヤーもありました。

ただ、実際ameiがシャワーしようと思った時に、一応シャンプーリンス
を確認したら・・・リンスがありませんでしたけどねΣ( ̄[] ̄;)がーん

あわてて、近くのコンビニまで走っちゃいましたよ(-"-;)

でも、シャンプーとボディーソープはameiが大好きなグリーンティーの香り
で、楽しいシャワータイムを過ごせましたね。



更に、ベット脇のサイドテーブルはこんなものがっρ( ̄∇ ̄o)
宣美8



真ん中にある機械で空調や照明を操作するコントローラーです。

コントローラーのアップρ( ̄∇ ̄o)
宣美9


↑は中国語表示になっていますが、もちろん言語切り替えで日本語
表示に変更も可能でした。ベットサイドのランプは三段階まで切り替え
が出来ました。

ただ、使い慣れないと夜中に目を覚ました時真っ暗で、どのボタンを
押したら小さく照明が付くのかが分からず( ̄± ̄?)ん?

ちょっと苦労しちゃいましたけど・・・(=◇=;) ギクッ



そして何故か、このサイドテーブルの引き出しにはコ○ドームまで
用意されていましたよΣ( ̄□ ̄;)えっ?確かビジネスホテルの筈・・・

ま、珠海の某五ツ星Y酒店の客室には、大人のおもちゃまで有料で
用意されている噂らしいので、国は違えど同サービスなのかも知れ
ませんね(;一_一)



今回、ameiがこのお部屋で過ごしたのは3泊のみ。残り2泊は日本から
友人が来るのに合わせて、同じホテル内でツインへルームチェンジ
してもらいました。

次回は、そのツインルームの簡単な紹介と部屋代に含まれていた朝食
をご紹介しま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

宣美商務飯店(Hsuanmei Hotel)
住所:台北市建国北路一段52号
電話:(02) 8771-3066

HP:http://hsuanmeihotel.network.com.tw/

ランキング参加中!
ゲストハウスほどレベルも低くなく、高級ホテルとも違うこんなビジネスホテル
なら女性の一人旅も安心だな♪と思った方、クリックお願いします。

番外編 台北旅行記♪その3 

無事台北旅行を済ませ、珠海に戻ったameiです(^^)/
台北滞在1週間の半分は、午後からのスコール、後半は好天気に
恵まれつつも猛暑(日中37.5℃とかっ!!)でとにかく暑かったです。

珠海に戻っる途中の香港・澳門では

「台湾よりこっちのが涼しいじゃん・・・」

とすら思ってしまった程ですよ(^_^?)ハテ?



さて、なかなか台北旅行記をまとめる時間が無く遅い更新になって
しまっているameiが宿泊した老爺大酒店(らぉいぇだーじゅーてぃ
えん)=HOTEL ROYAL TAIPEI
のこと。

このホテルは日航系のホテルになり、
お値段もそれなりに高いホテルになります。

でも、ameiは今回友人と一緒でお部屋代も半額だしぃ~(^m^*)

プラス

アジアマイルのプロモーションを利用して、デラックスツインを1泊
平均4850NTD(サ別)で宿泊しちゃいました(≧∇≦)キャー♪

従来紹介されている1泊料金ではスーペリア(標準)でも7800NTDは
するホテルなんですよ。

ホテルの所在位置は台北でもいわゆる「ブランド街」と呼ばれる一流
ブランドのショップが建ち並ぶエリアで、ちょっとお買い物に出るのにも
便利な拠点でしたね。

かといって、一流ブランドのショップには全く目も向けていなかった
んですが・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ



では、老爺大酒店の正面玄関をρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL1



ロビーρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL2



正面玄関から入って左側にフロントがあります。フロントやベルでは
殆どのスタッフが日本語が通じ、まるで日本のホテルの様でした。

利用客の80%が日本人のビジネス利用が多いとのことでしたが、
残念だったのがロビーや客室に
台北の地元無料情報誌が一切無かった事

一応、到着時フロントでも確認してみたんですが、「新聞ならあり
ますが・・・」とのことでした。
客室には、台北観光局が作成したショッピング用地図と観光用の
地図はありました。

さて、お部屋の様子なんですが、

入口部分ρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL3



さすがビジネス利用の多いホテルですね。
お部屋にズボンプレッサーが用意されていました。

こんな風にお部屋にはドアまで付いていますρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL4



バゲージ様の棚の裏にもコネクティング用のドアがありました。

ベットρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL5



ameiが今回利用したお部屋は、ダブルとシングルのベットが入った
家族用仕立てで、3名まで利用出来ます。

シングルベットρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL6



デスク部分ρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL7



このホテルでは各部屋に有線LANケーブルが設置され、PCを持参する
方でも快適に利用可能です。ちなみに通信費は無料です♪

ameiは移動用に使用している7インチの小さなPCを持参していったん
ですが、旅先でもネット環境が整っているとやっぱり便利ですね。

TVは大型の液晶TVに加えてDVDプレーヤーも設置されていました。

バスルームρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL8



日系ホテルのこだわり、バスタブ付き・ウォシュレット完備でした。

こんな感じですρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL9



アメニティーも嬉しいフル装備ρ( ̄∇ ̄o)
ROYAL10



シャンプー・リンス・ボディーソープ・シャワーキャップ
歯ブラシセット・デンタルフロス・ひげそり・くし・綿棒

もちろんドライヤーもあります。

また、チェックイン時には1Fのコーヒーハウスでのウェルカムドリンク
と地下1Fのギフトショップでの20%割引きチケット付き。

更には、
毎日の日本語新聞のサービスとフルーツサービスも付いていました。

ミネラルのサービスもされていましたが、浴室の水道水でも充分
歯磨きなどには差し支えない水で、不快さはありませんでした。



台北では、基本的には公共の場所の喫煙が殆どの場所で禁止。
しかし、中には喫煙所を設けている場所もあり、この老爺大酒店
では地下1Fのバーでは喫煙出来ました。

タバコを吸っても良い場所には、予め灰皿が用意されています。

老爺大酒店( HOTEL ROYAL TAIPEI)
住所:台北市中山北路二段37-1号
電話:(02)2542-3266

HP:http://www.royal-taipei.com.tw

日本並みに街が綺麗なのは台湾も罰金制でゴミのポイ捨てを
徹底的に禁止しているそうです。

・・・しっかし、街中にはゴミ箱が全然無く、灰皿も殆どありません
でしたΣ( ̄□ ̄;)えっ?

ameiはどこに行く時も必ず携帯灰皿を持ち歩いていますが、
香港の様に数百メートル毎のゴミ箱があると良いな♪
と、つい思ってしまいましたね。

ホテルの近くには7-11も徒歩5分圏内にありましたよ。

ってか、このエリアのコンビニで在台湾日本人?に遭遇する確立が
かなり高かったですねr(^^;)ハハッ

では、長くなってしまったので今回はここまでにしておきます。
次回は後に移動したもう少し格安のホテルの紹介をしま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
なかなか綺麗なホテルで良さそうと思った方、クリックお願いします。
すっごーーーーーく日本人の利用者が多かったです。

番外編 台北旅行記♪その2 

到着日以来、ずーーーーーーーーーと雨が続く台北です。

珠海出発時に旅行だから・・・と、持参した中国製折りたたみ傘
すっごく重宝していますr(^^;)ハハッ

いつ捨てても良いと思っていたのに、旅先台北は先週金曜日から午前
に天気が良くっても、午後から2時間程度は雷を伴うの雨が降る毎日が
続いている
との事でした。

今や、お出かけ時の必需品になっていますよ(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ♪



本題の前の予備知識として台湾の基礎情報を!

通貨:台湾ドル(レート1日本円=3.5新台湾ドルNTD)
時差:日本時間-1時間(中国の時間と同じ)
携帯:中国の携帯でもローミング可能なら使用可
電圧:日本と同じ110V、60HZ
言語:普通語・台湾語


と、こんな感じでしょうか。

さて、今回の台北旅行記は台北桃園国際空港から台北市内への移動
からですね。

台北桃園国際空港に到着したameiは、まずたばこを吸いに一旦外へ
出ました。たばこを吸っていると、白タクのおじさんが客引きの為に
日本語で声を掛けて来ます(≧m≦)ぷっ!

見ただけですぐに台湾人との見分けがやっぱりつくみたいですね。

空港から正規のメーターで大体1000HTD程度とは、台湾に詳しい友人に
聞いていたんですが、一人目の運ちゃんは「1200NTD、メーターだと1500
NTD」、2人目の運ちゃんは「1100NTD、メーターだと1300NTD」と言ってました。

ameiは、どうしたと思います(≧m≦)?






「高い~!!(ー_ー#)」

と断って、空港発市内行きのバスを使っちゃいました。

ちなみに、この時点ではまだNTDを持っておらず、運ちゃんにATMの場所
まで教えてもらっちゃいましたから( ̄ー ̄)b

無事、ATMでNTDを引き出し、入国ゲートを背に左側へ進むと各民営バス
会社の窓口があります。
(今回、ameiが利用したキャセイは第一ターミナルに到着でした。
第2ターミナルの到着は今まで経験ありませんが、入国ゲートの裏
だそうです)

こんな感じで利用客が沢山いましたρ( ̄∇ ̄o)
空港バス1



ameiは今回、中山北路の老爺大酒店を予約してあったので、
国光汽車客運の空港→台北総駅行き125NTDのチケットを購入しました。

こんな感じのチケットρ( ̄∇ ̄o)
空港バス2



左はスーツケースに貼られた、荷物番号シール。右がバスチケットです。

各バス会社の入り口で並んで待機します。並んでいる最中にチケットの
確認がされ、スーツケースに荷物番号シールを貼られ、控えももらえます。

こんな感じですねρ( ̄∇ ̄o)
空港バス3



バスが到着した時、↑のチケットをもぎられ、空席分の人数だけ
乗車出来ます。と言うのも、到着したバスには既に何人かが座席を
埋めてしまった状態だったんですよ。

でもameiは、10分も待たずに乗車出来ましたよ(o≧▽゚)oニパッ

運行数が多く、間隔が15分~20分らしいので、それほど待たなくても
良さそうな感じでしたね。

バスの中はこんな感じでしたρ( ̄∇ ̄o)
空港バス4



結構ぼろいバスでしたが、乗車して台北市内に向かう為高速に乗ります。

この時、見えてきた風景が・・・

日本の田舎風景と遜色なしΣ(- -ノ)ノ エェ!?

ほら、日本の高速道路って山か結構田舎の田んぼの風景が続くじゃ
ないですか。この景色が妙になつかしい気分になってしまいましたね。



さて、
無事乗車出来たameiが次に気をつけるのが、バスを降りる時です。

一応、降りるべきバス停の名前は調べてありましたが、地理が分かって
いる訳ではありませんからね。市内に入ってから全てのバス停に
止まって運ちゃんが大きな声で場所を言ってくれると良いな・・・


と、様子を見ていました。

このバスの各席の天井には「下車鈴」があり、これを押すと運ちゃんが
バス停で止まってくれる様子です。一番最初のバス停に到着。数名の
利用客が降りる時にバス名を言った運ちゃんの声は、



小さくって何言ってるか聞こえないし・・・(;一_一)






不安と戦いながらも、ameiと同じバス停で降りる利用客がいる事を
むっちゃ祈ってましたよ・・・(οдО;)

2番目のバス停では何とか運ちゃんの声も拾えたんですが、その後
停車する様子がありません。。。

途中、運ちゃんが小さい声で何かを言ってたんですが、聞き取り出来ず
仕舞い。。。

車窓から見た風景は・・・

ガイドブックで見た風景が!Σ( ̄[] ̄;)あうっ

赤信号でバスが停車した時、運転席まで確認しに行ったんですが・・・

運ちゃん 「このバス停は通りすぎっちゃったよ・・・」
amei    「ガ━━∑(゚∇゚|||)━━ン!!」
運ちゃん 「さっき言ってたでしょ?」
amei    「聞こえなかったもん・・・」
運ちゃん 「じゃ、次で降りるんだね」

と、お約束通~りの会話をして、次のバス停に到着したんですがそこは
北京総駅で全員下ろされる最終バス停でした( ̄∇ ̄;)ハッハッハッ

バスの荷台からスーツケースを取り出し、運ちゃんに荷物シールの控え
を見せて、タクシー乗り場まで移動しました。

通常、台湾のタクシーは香港同様トランクを使用すると+10NTD追加
料金が必要になります。

従来では、トランクを使用しないで助手席にスーツケースを置く方法が
多いらしいのですが、雨で路面が濡れていた為に助手席乗せ拒否され、
トランクに入れるしかありませんでした。

ま、それでも日本に比べれば初乗り70NTDで、2ブロック程度で済んだ
のは不幸中の幸いと言った感じでしょう( ̄0 ̄)/ホテルまでは85NTDでした。

無事、空港からホテルに到着して予約したお部屋で一息つけたのは、
幸いにもまだギリギリ外が明るい時間帯でした。

まぁ、今回の失敗は簡単に想像しやすい範囲で「やっぱり・・・」
と想定内で何とかなりましたねε=( ̄。 ̄;)
ではでは、次回はmeiが利用したホテルをご紹介しま~すヾ( ̄◇ ̄)ノ))

ランキング参加中!
ありそうな失敗だよなぁ・・・と思っていた方、クリックお願いします。
ケチらないでタクシー使えば良い話なんですけどね(*≧▽≦)ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。